Windows 8.1

デスクトップ版 Skype for Windows Ver.8 について

デスクトップ版の Skype for Windows に Ver.8 が出ているとのこと。これは、Windows 7 と Windows 8/8.1 で利用可能です。Windows 10 では、まだ利用できないとのことなので、Windows 7 でインストールしてみました。

 

 

 

 

 

インストールが完了すると、設定確認画面が表示されます。しかし、従来のデスクトップ版 Skype とは全然違っています。

 

Skype for Windows Ver.8 セットアップ画面

 

起動すると、まるで Windows 10 ストアアプリ版の Skype のようです。

 

Skype for Windows Ver.8 起動

 

そして、デスクトップ版なのに、メニューバーがありません。そこで、Alt キーを押してみました。メニューバーが表示されるのですが、その後のアクセラレーターキーが使えません。Alt+F キーを押しても「ファイル」が開きません。

 

Alt キーを押したらメニューバーが表示

 

仕方がないのでマウスで操作してみました。バージョンは、8.12.0.2、通話バージョン 2017.24.01.34 とのことです。

 

Skypeバージョンは、8.12.0.2、通話バージョン 2017.24.01.34

 

しかし、メニューバー内の項目は、従来の Skype とは全く違っていました。まるで、ストアアプリ版のSkypeのような感じです。操作も、キーボードでは、ものすごく難しいです。

 

試しに、通話を受けてみようと思ったのですが、従来の Skype で使えたショートカットキーが全く使えません。そして、ショートカットキーを有効にできる設定項目も見当たりません。2017年12月現在、Skype for Windows バージョン 8.12.0.2をショートカットキーだけで利用するのは、無理だと考えます。

 

どうしても、使いづらいと感じる場合は、従来の Skype に戻すことも可能です。Skype をダウンロード ページにアクセスします。

 

Windows 7やWindows 8.1でアクセスした場合のSkype for Desktop ダウンロードページ

 

「従来の Skype をダウンロード」を選択してダウンロードし、上書きインストールしてみてください。ただ、「従来の Skype をダウンロード」を選択するのもキーボード操作ではかなり難しいかもしれません。「Skype for Windows をダウンロード」を選択して、Enter キーを押すと開きます。その後、Tab キーで「従来の Skype をダウンロード」を見つけてください。

 

「Skype for Windows をダウンロード」を開いたところ

 

 

マウスキーでIE上の文字列を選択したい

   

Windowsをキーボードだけで操作しています。その際に、マウスの操作をテンキーでできる「マウス キー機能」を使用しています。Internet Explorerを使っていて、Web ページ上の文字列を選択したいのです。しかし、テンキーの「0」を押しても、ドラッグ機能が使えません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

 

「マウス キー機能」は、キーボードのテンキー部分を使って、マウスポインターを移動したり、クリック、右クリックしたりできる機能です。

 

参考:Windows マウス キー機能の使い方

 

利用する場合は、Alt(左)+Shift(左)+NumLock キーで有効になります。また、Windows 7 以前では、コントロールパネルの「コンピューターの簡単操作センター」から「マウスを使いやすくします」を開きます。Windows 10では、「設定」の「簡単操作」で「マウス」を選択すると見つかります。

 

Windows 10の「設定」-「簡単操作」の「マウス」

 

さて、Internet Explorer 上で文字列を選択したい場合は、「カーソル ブラウズ」を有効にする必要があります。次のように操作してみてください。

 
       
  1. Internet Explorer を起動したら、F7 キーを押します。
  2.    
  3. 「カーソル ブラウズを有効にしますか?」というメッセージが表示されます。      
    「はい(Y)」ボタンが選択されているのを確認して、Enter キーを押します。      
    「カーソル ブラウズを有効にしますか?」というメッセージ
  4.    
  5. 文字列を選択したい位置までテンキーでマウスポインターを移動し、テンキーの「/」もしくは「5」キーを押します。
  6.    
  7. カーソルが表示されますので、テンキーの「0」を押します。      
    カーソルが表示される      
    ※「マ」の左にあるのがカーソル
  8.    
  9. 選択したい位置まで、マウスポインターを移動します。
 

以上で、Internet Explorer上でも文字列が選択できるかどうか、確認します。

Windows 8.1のナレーターは日本語入力時に詳細読み対応

Microsoft IME 開発チームから面白い動画が公開されました。

 

 

   
 

Windows 8.1 からは、IME で文字変換する際、ナレーターが詳細読みに対応しています。新潟大学の渡辺哲也准教授(田町読み等開発チーム代表)の協力により、詳細読みの情報が標準搭載されたためです。これにより、同音異義語の熟語でもどんな漢字で構成されているのかわかります。

 

スクリーンリーダーが搭載できない Surface RTや Surface2も、かなり使いやすくなりそうですよ。

 

Windows 8.1 公開

2013年10月17日20時(日本時間)、Windows 8.1の配信が始まりました。Windows 8 をお持ちの方は、無料でWindows 8.1にアップデートできます。

また、翌日10月18日からは、Windows 8.1搭載機の販売も始まりました。

さて、それに伴い、Microsoftでは、2013年10月末をもってWindows 7のパッケージ製品の出荷を終了すると宣言しました。

参考:最新 OS「Windows 8.1」のパッケージ製品構成と参考価格を発表

Windows XP や Office 2003 のサポートも2014年4月9日で終了します。

参考:あと1年でWindows XP と Office 2003のマイクロソフトからのサポートが終了します

マイクロソフトの旧製品をお使いの方は、できるだけ早く新機種への乗り換えをお勧めいたします。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ