Windows 8

デスクトップ版 Skype for Windows Ver.8 について

デスクトップ版の Skype for Windows に Ver.8 が出ているとのこと。これは、Windows 7 と Windows 8/8.1 で利用可能です。Windows 10 では、まだ利用できないとのことなので、Windows 7 でインストールしてみました。

 

 

 

 

 

インストールが完了すると、設定確認画面が表示されます。しかし、従来のデスクトップ版 Skype とは全然違っています。

 

Skype for Windows Ver.8 セットアップ画面

 

起動すると、まるで Windows 10 ストアアプリ版の Skype のようです。

 

Skype for Windows Ver.8 起動

 

そして、デスクトップ版なのに、メニューバーがありません。そこで、Alt キーを押してみました。メニューバーが表示されるのですが、その後のアクセラレーターキーが使えません。Alt+F キーを押しても「ファイル」が開きません。

 

Alt キーを押したらメニューバーが表示

 

仕方がないのでマウスで操作してみました。バージョンは、8.12.0.2、通話バージョン 2017.24.01.34 とのことです。

 

Skypeバージョンは、8.12.0.2、通話バージョン 2017.24.01.34

 

しかし、メニューバー内の項目は、従来の Skype とは全く違っていました。まるで、ストアアプリ版のSkypeのような感じです。操作も、キーボードでは、ものすごく難しいです。

 

試しに、通話を受けてみようと思ったのですが、従来の Skype で使えたショートカットキーが全く使えません。そして、ショートカットキーを有効にできる設定項目も見当たりません。2017年12月現在、Skype for Windows バージョン 8.12.0.2をショートカットキーだけで利用するのは、無理だと考えます。

 

どうしても、使いづらいと感じる場合は、従来の Skype に戻すことも可能です。Skype をダウンロード ページにアクセスします。

 

Windows 7やWindows 8.1でアクセスした場合のSkype for Desktop ダウンロードページ

 

「従来の Skype をダウンロード」を選択してダウンロードし、上書きインストールしてみてください。ただ、「従来の Skype をダウンロード」を選択するのもキーボード操作ではかなり難しいかもしれません。「Skype for Windows をダウンロード」を選択して、Enter キーを押すと開きます。その後、Tab キーで「従来の Skype をダウンロード」を見つけてください。

 

「Skype for Windows をダウンロード」を開いたところ

 

 

Windows 8でパスワードを入力しないで自動的にサインインしたい

Windows 8の電源を入れると、まず、ロック画面が表示されます。このロック画面は、Enter キーで開きます。
Windows 8のロック画面

続いてサインイン画面が開きます。パスワードを入力して、Enter キーを叩きます。これで Windows にサインインできます。
Windows 8のサインイン画面

ロック画面をエンターして、サインイン画面でパスワードを入力するのが面倒な場合、パソコンを起動させれば、自動的にサインインするように設定変更することも可能です。

ご注意
この設定は、1台のWindows 8を複数の人数で使っている場合には、お勧めしません。いちいち、サインインしてから、ユーザーアカウントの変更をする必要が生じます。また、パソコンを起動させると自動的にサインインしてしまうので、ノートパソコンやスレートPCといった外に持ち歩く場合もセキュリティ上お勧めできません。

  1. Windows 8 にサインイン後、Win+R キーを押します。
  2. デスクトップで「ファイル名を指定して実行」が開きます。音声ガイドでは、「名前 O の文字入力、または選択」と音声ガイドされることでしょう。「NETPLWIZ」と入力してEnter キーを押します。
    ファイル名を指定して実行
  3. 「ユーザー アカウント」の「ユーザー」タブが開き「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要 E の切り替え チェック」と音声ガイドされます。スペースキーを押して「チェックなし」にし、エンターキーを押します。
    「ユーザー アカウント」の「ユーザー」タブ
  4. 「自動サインイン」の画面が開き、「パスワード P の文字入力」と音声ガイドされます。現在、サインインしているユーザーアカウントのパスワードを入力します。Tab キーを押します。再度、同じパスワードを入力して、Enter キーを押します。
    「自動サインイン」の画面

以降は、Windows 8 の起動時にロック画面は表示されず、パスワードの入力を求められることもなく、自動的にWindows 8にサインインできるようになります。ただし、Windowsにサインインするアカウントとそのパスワードは、どこかに墨字でメモして、パソコンの保証書などと一緒に大事に保存しておいてください。いつも使っていると、忘れないものですが、ふとした弾みでパスワードが必要になる場合があります。そんな時は、すっかり忘れてしまって大慌て!なんてことになりかねませんからね。

Windows 8で起動音を鳴らしたい

Windows 8を使い始めて、ちょっとした違和感がありました。

それは、パソコンを起動させても、静か。つまり、起動音が流れてこないこと。

Windows 8の電源を入れると、まず、ロック画面が表示されます。このロック画面は、Enter キーで開きます。すると、サインイン画面が開きます。パスワードを入力して、Enter キーを叩くと Windowsにサインインできます。

最初の難関は、電源を入れていつロック画面が開いたのか?でしょう。

従来のOSでは、「パソコンからカチカチ言う音が聞こえなくなったら」ということでもできました。しかし、Windows 8は、非常に静かなタイプが多いので、従来のような「パソコンがカチカチいう」という音もないタイプが多いです。

そこで、Windows 8のコントロール パネルで「サウンド」を起動して、「サウンド」タブで確認してみました。すると、「Windows スタートアップのサウンドを再生する」のチェックが外れていました。「Windows スタートアップのサウンドを再生する」にチェックを入れれば、従来のOS通りのオープニング音が流れることでしょう。
Windows 8の「サウンド」の「サウンド」タブ

さて、従来のOSには、Windowsにログインできると起動音がしました。Windows ログオン サウンド と呼ばれる音です。これも鳴りません。

これも、コントロール パネルの「サウンド」を起動して、「サウンド」タブで確認してみたところ無くなっていました。

Windows 7までは、「Windows ログオン」という「プログラム イベント」があったのですが、Windows 8では見当たりませんでした。
Windows 7の「サウンド」-「サウンド」タブ

Windows 8は、サインインできれば即利用可能です。何らかのサウンドが鳴ってからという風には考えず利用してもいいかもしれません。ただ、スリープからの復帰の場合は、何の音も出ません。

もし、お一人でWindows 8をお使いなのでしたら、サインイン画面でパスワードを入力せずに起動するよう設定を変更してみるといいでしょう。やり方は、Windows 8でパスワードを入力しないで自動的にサインインしたいで紹介しましたので、参考にしてみてください。

Windows 8のナレーターの終了はCapsLock + Esc キー?

Windows 8のナレーターを調べようと、サポート - Windows ヘルプからナレーターでテキストを読み上げるを見ていて妙なことに気がつきました。

注意 •ナレーターをすぐに終了するには、CapsLock キーを押しながら Esc キーを押します。

えっ?Windows 8のナレーターの終了は、Ctrl+Alt+Escキーでしょう!日本語版の「ナレーターの設定」には、「ナレーターを終了するには、Ctrl+Alt+Escキーを押します。」と書いてあります。
日本語版の「ナレーターの設定」

試に、ナレーターを起動して、CapsLock + Esc キーを押してみますが、終了できません。

英語版のHear text read aloud with Narratorでも確認してみましたら、やはり「press Caps Lock+Esc.」となっています。
Note •If you want to quickly exit Narrator, press Caps Lock+Esc.

「おかしいなぁ?」と思い、英語の言語パックを入れたWindows 8で英語版に切り替えてナレーターを起動させてみました。すると、英語版の「Narrator Settings」には、「Press Caps Lock + Esc to exit Narrator.」となっていました!
Windows 8 英語版の「Narrator Settings」

試に、CapsLock+Escキーを押すと、英語版のWindows 8ではナレーターが終了できました。

ということで、Windows 8のナレーターは、使用している言語によって、コマンドとして設定されているキーが違うことがわかりました。

ナレーターでテキストを読み上げるでは、CapsLockキーと組み合わせてナレーターが操作できるとして紹介されています。しかし、日本語版のWindows 8では悉く使えません。日本語版のWindows 8でナレーターを利用する場合は、Ctrl+Alt+F1キーでよく確認してから使う必要がありますのでご留意ください。

Windows 8のナレーター

Windows には、「ナレーター」という基本的なスクリーン リーダーが付属しています。

この件は、Windows 8 Consumer Preview のナレーターでも紹介しましたが、日本語版の場合、Windows 7までは、日本語の音声エンジンが搭載されていなかったので英語での音声ガイドで使えませんでした。これが、Windows 8からは、日本語の音声エンジンが標準搭載され、起動させると即、日本語で音声ガイドされるようになっています。

日本語の音声エンジンは「Microsoft Haruka Desktop」。女性の音声エンジンです。

Windows 8のナレーターの起動方法は、Win+Uキーで起動する「コンピューターの簡単操作センター」からの他、次の2つの方法があります。

  • キーボードから:Win+Enter キー
  • スレートPCの場合:Win+VolumeUp ボタン

ナレーターが起動するとデスクトップのタスクバーに「ナレーターの設定」が見つかります。
Windows 8の「ナレーターの設定」

この「ナレーターの設定」に表示されている説明文が、ユーザーの使っているデバイスの対応状況によって切り替わるのに気がつきました。

私がこれまで使っていたのは、Windows 7 搭載の HP TouchSmart Notebook PC tx2/CT に Windows 8 をインストールして使っていました。これは、タッチ対応なのですが、Windows 8の場合は、シングルタッチでした。その場合、「ナレーターへようこそ」に下記のような説明が記載されています。

シングルタッチ対応の場合の「ナレーター」

キーボードの任意のキーの名前を音声で確認するには、対象のキーを押します。すべてのナレーターコマンドを確認するには、Ctrl+Alt+F1キーを押します。オプション間を移動するには、Tabキーを押します。ナレーターを終了するには、Ctrl+Alt+Escキーを押します。

これが、タッチ対応でも5タッチの HP ENVY x2 で、キーボードの Win+Enterキーを使って起動させると下記のように表示されました。

5タッチ対応でキーボードで起動したナレーター

ナレーターでサポートされているすべてのタッチ ジェスチャを確認するには、4本指で3回タップします。1本指で画面をドラッグすると、タッチしているアイテムの名前を聞くことができます。すべてのナレーターコマンドを確認するには、キーボードでCtrl+Alt+F1キーを押します。

そして、キーボードを外したスレートPCのHP ENVY x2 で Win+VolumeUpボタンを使って起動させるとこうなりました。

5タッチ対応のスレートPCで起動したナレーター画面

ナレーターでサポートされているすべてのタッチ ジェスチャを確認するには、4本指で3回タップします。1本指で画面をドラッグすると、タッチしているアイテムの名前を聞くことができます。ナレーターを終了するには、Windows+Volume Upキーを押します。すべてのナレーターコマンドを確認するには、キーボードでCtrl+Alt+F1キーを押します。

ちゃんと、デバイスの対応状況ごとに切り替えるのですね。

Windows 8のアクセシビリティ

Windows 8のアクセシビリティに関する情報が公開されました。

Windows 8 のアクセシビリティ機能 | マイクロソフト アクセシビリティ

Windows 8のコンピューターの簡単操作センターの情報と共に、同ページからWindows 8 アクセシビリティ ガイドブックのダウンロードも可能です。

この Windows 8 アクセシビリティ ガイドブックは、PDFファイルです。しかし、スクリーンリーダーには対応していないようで、PC-Talker を使ってみましたが、上手く読み上げてくれませんでした。これは、晴眼者サポーターさんに使ってもらうといいでしょう。

なお、その他のマイクロソフト製品のアクセシビリティ情報は、マイクロソフト製品のアクセシビリティ機能からどうぞ。

<

PC-Talker 8 発売

高知システム開発よりWindows 8に対応したスクリーンリーダー PC-Talker 8が発売されたとのことです。

PC-Taker 8 を発売

なお、一緒にWindows 8と高知システム開発さんの製品プログラムの互換性に関しての情報も公開されています。

Windows 8 対応について

高地システム開発さんの製品をWindows 8に対応させるためには、バージョンアップする必要があるとのこと。順次無償アップデートできるようです。

さて、私自身もWindows 8に関するお知らせがあります。Windows 8の解説本を書かせてもらいました。

【送料無料】Windows 8完全制覇パーフェクト [ 橋本和則 ]

【送料無料】これ1冊で完全理解Windows 8 [ 戸田覚 ]

Windows 8をお求めになった際は、これらの本も一緒にご活用くださいませ。

Windows 8 CP のアクセシビリティ「ナレーター」

Microsoft の次期OSが「Windows 8 Consumer Preview」と言う一般ユーザーにテストしてもらいたいということで公開され、どなたでも自由に使えるようになっています。私も既に使ってみています。世の中は不思議なことだらけ: Windows 8で紹介していますので、またご参照ください。

さて、Windows 8 Consumer Preview のアクセシビリティ、Windows に標準でついている「ナレーター」を確認してみました。

Windows 7までのナレーターは、日本語版で起動させた場合、「現在の Windows 言語に一致する音声合成の音声をインストールしてください」というメッセージが表示されました。
「現在の Windows 言語に一致する音声合成の音声をインストールしてください」というWindows 7のナレーターメッセージ
それと同時に、女性の音声ガイドが英語で流れ始めました。そう、日本語版のWindows 7なのに、英語でしか音声ガイドしてくれなかったのです。

ところが、Windows 8 Consumer Preview は違っていました。

Windows 8 Consumer Preview の「Microsoft ナレーター」は、Windows + Enter キーで起動します。そして、日本語での女性の音声が流れました!音声は、Microsoft Haruka Desktop さんでした。

「Microsoft ナレーター」ダイアログは、メトロ アプリの「デスクトップ」で確認できます。Windows 8 CP をインストールしてある私のノートパソコンは、タッチ対応スクリーンなのですが、ナレーターを起動させてもタッチに対しての音声ガイドはしてくれませんでした。「デスクトップ」へは、スタート画面上の Windows 8 アプリが選択されていれば、矢印キーで移動可能。ただ、初回は、どこにデスクトップが配置されているのか、晴眼者に教えてもらう必要がありそうです。「デスクトップ」が選択できたら、Enter キーで開きます。

デスクトップでは、まず、こんなナレーターのメッセージが開いていました。
Windows 8 CP での初回ナレーター起動時のメッセージ
このメッセージには、下記のように記載されていました。

ナレーターのタッチ機能を起用するには、4本指の入力に対応したタッチスクリーンが必要です。ナレーターのタッチ機能は使用できませんが、キーボードとマウスでナレーターを使用できます。続行するには、Space キーを押してください。

私のノートパソコンは、4本指での入力は無理です。そういうことで、ナレーターでのタッチ機能は使えないもよう。なお、このメッセージは、初回だけ起動し、後は、ナレーターを起動させても出て来なくなりました。

初回のメッセージを閉じると、「ナレーターへようこそ」ダイアログが開きました。「全般」、「ナビゲーション」、「音声」そして「コマンド」と項目があります。
Windows 8 Consumer Preview の「ナレーター」ダイアログ

ナレーターのコマンドは、Windows + Alt + F1 キーで確認できました。
ナレーターのコマンド検索ウィンドウ

読み上げの停止は、Ctrl キーです。

また、ナレーターの「全般」、「ナビゲーション」、「音声」そして「コマンド」のダイアログは下記の通りです。

ナレーターの「全般」

ナレーターの「ナビゲーション」

ナレーターの「音声」
なお、「音声」では、日本語の「Microsoft Haruka Desktop」だけでなく、英語用の「Microsoft Zira Desktop」も選択可能でした。

「ナレーター用に別の音声を選択する」
ただし、表記されている文字列から、日本語なのか英語なのかの自動選択して、音声エンジンを切り替えてくれるようにはできないもよう。

なお、どの部分を選択していて読み上げているのかわかるよう、太い青い線で囲んで教えてくれるようにもなっています。

ナレーターの「コマンド」

参考:Windows 8 Consumer Preview のナレーター

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ