おすすめサイト

障碍者向け支援技術製品を利用中の Windows 10 無償アップグレード

Windowsで障碍者向け支援技術を利用している場合でお知らせした新情報がマイクロソフトより公開されました。

       

障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 アップグレードについて

   

   

Windows 10では、アクセシビリティに関してかなり強化されています。

       

Windows 10 Anniversary Update でアクセシビリティがさらに進化  Windows Blog for Japan

       

アクセシビリティの強化により、Windows 7やWindows 8.1では、頼りなかった機能がWindows 10でスムーズに使えるようになっています。

       

一般ユーザーのWindows 10 無償アップグレードは、2016年7月29日で終了しました。しかし、障碍者向け支援技術製品を利用されている Windows 7や Windows 8.1の場合は、7 月 29 日以降も無償でWindows 10にアップグレードすることができます。私のブログでも紹介しているスクリーンリーダーや音声ブラウザ搭載機をお持ちの皆さんは、もちろん対象者です。

       

なお、アップグレードする前には、お使いの支援技術製品の開発元・販売店に、Windows 10 との互換性があるかどうか確認してください。また、アップグレードは、ほぼ自動的に作業されます。しかし、とても時間がかかりますし、途中何度か再起動します。視覚に障碍のある方の場合は、何が起きているのかわかりにくいので、ぜひ、晴眼者の方と一緒にアップグレード作業されることをお勧めします。

   

2017年3月10日 追記:
以前は、いつでもアップグレード可能でした。しかし、現在は、Answer Desk サポート窓口へ電話やFax、問い合わせフォームを使って、問い合わせてから作業する方式に変わりました。

   

PC-TalkerでOffice IME 2010を使う場合の提案

2010年6月17日、Microsoft Office 2010の一般販売が始まりました。

しかし、新しい Office 製品を購入するのは、なかなか難しいですよね。

さて、そんな中、Office IME 2010 の無償ダウンロードが始まりました。

これは、お使いのパソコンに対象となる Microsoft Office 製品がインストールされていれば、どなたでも無償で使うことができます。

対象となる Office 製品

  • Office 2010
  • Office 2007
  • Office 2003
  • Office XP

サポートされているオペレーティングシステム

  • Windows 7
  • Windows Vista
  • Windows XP Service Pack 3 (SP3)

Microsoft Office IME 2010 のダウンロードページ

なお、インストールの仕方に関しては、晴眼者向けに書いてありますが、私のもう一つのブログ Office IME 2010 無償ダウンロード開始: 世の中は不思議なことだらけ でご確認ください。

また、PC-Talker 搭載機で IME 2010が使えるかどうかです。Windows XP SP3 の Office 2003搭載機と Windows 7 の Office 2010 搭載機で確認してみましたところ、ちゃんと使えました。

ところで、このOffice IME 2010の使い方で提案があります。

従来の Microsoft IMEは、非常に変換効率が悪いので長い文節を打って一度に変換するのではなく、短い文節で変換した方がスムーズに変換できたことでしょう。しかし、Office IME 2010 の変換効率はかなり高いものになりました。それは、一つの語句を変換するという方式から、文章の前後にある言葉を見ながら適切に変換するという方式に変えたからです。

ちょっと長い文章を打って一度に変換してみてください。

例えば、「きょうはあめがふっています。」と入力して「今日は雨が降っています。」と変換したい場合。従来の Microsoft IME では、「きょうは」変換、「あめが」変換、「ふっています。」変換、とされていたことでしょう。それで、「きょうは」の「今日」が「京」になっていないか?とか「あめが」の「雨」が「飴」になっていないかとか確認しながら確定していたことと思います。それをいきなり「きょうはあめがふっています。」と一度に入力して変換しても大丈夫になりました。

ところがそれをすると、一部しか変換の具合をPC-Talkerが音声ガイドしてくれないことに気がつきます。例えば「きょうはあめがふっています。」と入力して「今日は雨が降っています。」と変換された場合、PC-Talkerは、「今日は」の部分しか変換の具合を音声ガイドしてくれません。

そこで、下記のようにPC-Talkerの設定を変更してみてください。

  1. F12キーで開くAOKメニュー内からか、Ctrl+Alt+F12キーで、PC-Talkerの設定を起動します。
  2. PC-Talkerの設定が開いたら、上下矢印キーで「日本語変換時の読み方」まで移動しエンターします。
  3. 「日本語変換時の読み方」が開きますので、Tabキーで「変換中、ガイドライン全てをよみあげる」まで移動し、スペースキーでチェックを付けます。
    「日本語変換時の読み方」の画面
  4. Tabキーで「設定」まで移動し、エンターします。
  5. 開いたPC-Talkerの設定やAOKメニューをエスケープキーで閉じます。

以上で、日本語変換時に一部しか変換の具合を音声ガイドしなかったのが、全て音声ガイドしてくれるようになります。ただし、音声ガイドは最後まで聞くようにしてくださいね。

さて、Office IME 2010をインストールしてみたけど、どうしても使い勝手が悪い!という場合。Office IME 2010をアンインストールします。そうすれば、以前使っていた IME に戻ります。

Office IME 2010のアンインストール方法(Windows XP)
  1. コントロール パネルより「プログラムの追加と削除」を開く
  2. 「Microsoft Office IME 2010(Japanese)」を選択し、「削除」ボタンでエンターキーを押す。
    「プログラムの追加と削除」の「Microsoft Office IME 2010(Japanese)」
  3. 「Microsoft Office IME 2010 をアンインストールしますか?」と出るので、「はい」でエンターキーを押す。
    「Microsoft Office IME 2010 をアンインストールしますか?」の画面
  4. アンインストールが始まるので、しばらく待ちます。
  5. 「アンインストールが完了しました」と表示されますのでエンターキーを押します。
    Microsoft Office IME 2010 の「アンインストールが完了しました」の画面

YouTube で Internet Explorer 6 のサポートは終了

YouTube で Internet Explorer 6のサポートが2010年3月13日で終了しました。

今、Internet Explorer 6 で YouTube にアクセスすると下記のようなメッセージが表示されます。

Internet Explorer 6で YouTube を開くと「お使いのブラウザは現在サポートされていません。最新のブラウザにアップグレードしてください」と表示される

とはいえ、2010年6月13日現在、まだ、Internet Explorer 6で、YouTube を視聴することは可能です。これから出てくるであろう最新機能が使えなくなっていくとのことです。よって、そろそろ、最新のブラウザである Internet Explorer 8へアップグレードすることをお勧めします。

ただ、YouTube で表示されている Internet Explorer 8のダウンロードページは使わないでください。あそこからは、英語版のダウンロードページへ行ってしまいます。そのまま、ダウンロードしてインストールすると、英語版のInternet Explorer 8になってしまいますので。

日本語版 Internet Explorer 8 のダウンロードページ

しかし、PC-Talkerで、Internet Explorer のアップグレード作業はちょっと厳しいものがあります。できれば、晴眼者の方と一緒に作業されることをお勧めします。

どんな手順でインストールが進むのかは、晴眼者向きのやり方ですが、IE8 のインストールと初期セットアップの手順 で紹介しました。またご参照ください。

Word 用 DAISY Translator 日本語版公開

DAISY 3規格のマルチメディアとDAISY 3規格のXMLを作成できる Microsoft Office Word 用アドインソフトウェア「DAISY Translator 日本語版」が公開されました。

DAISYコンソーシアム、日本障害者リハビリテーション協会、マイクロソフト 電子書籍のバリアフリー化に向けた取り組みで協力

DAISYとは、Digital Accessible Information SYstemの略で、日本では「アクセシブルな情報システム」と訳されています。(エンジョイ・デイジー:DAISYとはより)

この「DAISY Translator 日本語版」アドインを Office Word に組み込むことで、文章を音声で読み上げたり、読まれている文章をハイライト表示させることができる「DAISY」フォーマットの文章ファイルをWordで作成することができます。

ダウンロードページ:DAISY Translator

  • 対応OS:Windows 7、Windows Vista、Windows XP
    ※合成音声の入ったDAISY図書を製作する場合は、パソコンに音声合成エンジンがインストールされている必要があります。
  • 対応アプリケーション:Microsoft Word 2007、Word 2003、Word XP
    ※.Net Framework 3.0と Java run time 1.5、Microsoft OfficeのPIAと Microsoft Office 互換機能パック(Microsoft Word 2003またはWord XPを使用する場合)が必要ですが、自動的にインストールされます。

Windows 7のWord 2007 と Word 2010 Betaで確認してみました。公式では、Word 2007、Word 2003、Word XP 対応のようですが、Word 2010でも組み込まれました。リボンに「アクセシビリティ」という項目ができて、開くと「DAISY」に関して設定できるようになっていました。

Word 2007 のリボン「アクセシビリティ」

Word 2010 Beta のリボン「アクセシビリティ」

使用方法は、PDFマニュアルが DAISY Translator で閲覧できますので、ぜひどうぞ。

なお、出来上がった「DAISY」ファイルを再生するには、別途 DAISY 再生ソフトウェアが必要です。DAISY 再生用ソフトウェア ダウンロードページ

AMIS 3.1 でDASIY ファイルを再生中

AMIS 3.1 でDASIY ファイルを再生中。黄色く表示されている行が現在読み上げ最中の部分。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ