« Windows 10 Creators Update:ナレーター | トップページ | マイメール3でGmailの送受信テストをすると送受信に失敗する »

マイメール3でMicrosoft のWebメールを使う

高知システム開発のマイメール3でMicrosoft のWebメールである Outlook.jp や Hotmail.co.jp を使うにはどうするといいのでしょう?

   

My Mail3 マイメール3 (新規版)
価格:19440円(税込、送料無料) (2017/3/20時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

   

   

Microsoft のWebメールは、2016年6月ごろから同期システムの変更があり、IMAPというサーバーを使うようになりました。このため、対応しているメールソフトであれば、受信ボックスや送信済みボックスが同期され、どのパソコンからメールを送受信しても、すべて同じ環境で閲覧できるようになっています。

    

しかし、マイメール3は、IMAPに対応していません。そのため、従来のPOPサーバーを使う必要があります。まずは、ブラウザでOutlook.com へサインインして、POPが使えるよう設定を変更します。これは、少々難しいので、晴眼者サポーターさんと一緒に作業してみてください。次のようにします。

       
  1. Outlook.com のオプション「POP と IMAP」のページに Microsoft のWebメールである Outlook.jp や Hotmail.co.jp を使ってサインインします。    
  2. 「POP オプション」の「デバイスやアプリで POP を使用する」の「はい」にチェックをつけます。    
  3. Tabキーを押して、「保存」でエンターキーを押します。
    

以上で、Outlook.com の設定変更が完了です。続いて、マイメール3にMicrosoft のWebメールを登録します。

       
  1. マイメール3を起動    
  2. 初めてマイメール3を起動した場合は、メールアドレス設定画面が開きます。      
    既に、メールアドレスを設定してある場合は、Alt キーを押して左右矢印キーで「環境」まで移動。下矢印キーで「複数メールアドレス」へ移動。右矢印キーで「新規作成」に行き、エンターします。    
  3. メールアドレス設定画面が開いたら、下記のように入力していきます。移動は、Tab キーで行えます。      

    あなたの名前      
    メールを送信した際に、相手側に表示されるとわかりやすい名前を入力      

    メールアドレス       
    Microsoft のWeb(Outlook.jp や Hotmail.co.jp)メールアドレス全体を入力        

    受信サーバー(Pop)       
    既に @マークから右側の部分が入力済みになっています。しかし、pop-mail.outlook.com と入力します。        

    送信サーバー(SMTP)       
    ここも既に@マークから右側の部分が入力済みになっています。smtp-mail.outlook.com と入力してください。        

    メールID       
    ここも既に、メールアドレスアカウント(@マークの左側)が入力されています。しかし、メールアドレス全部を入力してください。        

    メールパスワード       
    Microsoft のWebで設定したメールのパスワードを入力         
    画像:マイメールの「メールアドレスの設定」

             
  4. 全部入力できたら、Tab キーで「高度な設定」まで移動し、エンター    
  5. 「高度な設定」の画面が開くとすぐに「受信したメールをサーバーに残しておく」と音声ガイドされます。MicrosoftのWebメールは、使い続けている限りすべてのメールをWeb上に保存してくれます。ここでは、スペースキーでチェックをつけてサーバーに残しておきましょう。Tab キーで移動し、残す日数 を 0 と半角で入力します。    
  6. 「APOP認証を使う」は、チェックなし    
  7. 1行の文字数は、 76    
  8. 「別のメールアドレスへ返信してもらう」は、お好みでどうぞ。チャックを付けた場合は、「返信先」に別のメールアドレスを入力します。    
  9. 「送信する前に受信する(Pop before SMTP)」は、 チェックあり。「この時 送信までの待ち時間」は 秒単位 3    
  10. 「SMTP認証を使う」は、スペースキーでチェックをつける。    
  11. Tab キーで「SSL接続」まで移動、「サーバーが対応していないので使いません」と音声ガイドされますので、矢印キーで「受信と送信で SSLを使う」に変更。      
    画像:高度な設定    
  12. Tab キーで「特殊なサーバー設定」まで移動して、エンターキーを押す。    
  13. 「受信サーバーのポート番号」に 995 と入力    
  14. 「受信サーバー SSL接続の種類」は「自動判断」    
  15. 「送信サーバーのポート番号」は 587 と入力    
  16. 「送信サーバー SSL接続の種類」は「START TLS」    
  17. 「SSL接続でサーバーの照明を検証しない」にスペースキーでチェックをつける      
    画像:特殊なサーバー設定    
  18. Tab キーで「OK」まで移動し、エンター    
  19. Shift+Tabキーで「OK」まで移動し、エンター    
  20. 「MYMAIL3のヘルプメッセージ サーバーに残す日数を 0 にすると無期限でメールを残すことになりますがよろしいですか?」と音声ガイドされます。「はい」でエンターします。    
  21. メールアドレス設定画面に戻ります。Tab キーで「送受信テスト」まで移動し、エンターして送受信テストをしてみてください。しばらく待って、「送受信は、正常に完了しました」と音声ガイドされたら成功です。
    

無事送受信テストが完了してから、改めで「送受信」ボタンを押すと、送受信テストに使ったメールが届くことでしょう。

   

« Windows 10 Creators Update:ナレーター | トップページ | マイメール3でGmailの送受信テストをすると送受信に失敗する »

マイメール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/65042933

この記事へのトラックバック一覧です: マイメール3でMicrosoft のWebメールを使う:

« Windows 10 Creators Update:ナレーター | トップページ | マイメール3でGmailの送受信テストをすると送受信に失敗する »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ