« Windows 7 でハイコントラストの設定を簡単に切り替える方法 | トップページ | Internet Explorer 9の自動配信はどうなった? »

2011年6月21日に日本でも Internet Explorer 9 が自動配信

米国を初めとする主要国では、2011年4月19日(日本時間)に、自動更新機能による Internet Explorer 9 の配布が開始されました。しかし、日本では、東日本大震災の影響により、IE9 そのものの提供開始日を3月15日から4月25日に延期したので、自動更新機能による配布も延期されていました。それが、本日、2011年6月21日から始まるとのことです。

参考:Internet Explorer 9 の自動更新による配布

Internet Explorer 9 は、Windows Update や Microsoft Update の自動更新を通じて、OS が Windows 7 と Windows Vista、Windows Server 2008 R2、および Windows Server 2008 に配布されます。なお、Windows XP では、対応していませんので配布されません。

さて、自動配信が始まると勝手にインストールされるのではないか?と心配されることでしょう。Internet Explorer 9の場合、自動配布が行われても、勝手にはインストールされません。ダウンロードが完了すると、「Internet Explorer 9の更新プログラムが利用できる」とパソコンの管理者のアカウントを持つユーザーのデスクトップに通知が表示されるとのことです。この通知がどういう風にされるのかは、またわかり次第お知らせいたします。とにかく、ユーザーは、Internet Explorer 9 をインストールするかどうかを選択できますので、ご安心ください。

「自動更新通知」が出て、インストールするかどうか決める「ようこそ」画面には、「Internet Explorer 9 の重要機能の概要の説明」と、「インストールする」、「インストールしない」、そして「後で確認する」という 3 つの選択が表示されるとのことです。

これは、Internet Explorer 8の自動配信された際の下記のような「ようこそ画面」と似たような画面であろうと思います。

「Internet Explorer 8へようこそ」の画面

Internet Explorer 9をインストールしたくない場合は、この「ようこそ」画面で「インストールしない」を選択するといいでしょう。

私は、Windows 7 で IE9を快適に使っています。しかし、IE9をインストールすると、下記のような不都合が起きることがわかっています。

Windows Live メール でテキスト形式のメール本文の文字の大きさが変わってしまう

Vista の Windows メールで添付ファイルがあることを示すクリックマークが表示されなくなる

ガジェットの「祝日対応カレンダー」などに白い枠が表示される

とりあえず、インストールする際は、パソコンのことがよくわかっている方と一緒に作業なさることをお勧めします。

« Windows 7 でハイコントラストの設定を簡単に切り替える方法 | トップページ | Internet Explorer 9の自動配信はどうなった? »

Vista」カテゴリの記事

Windows 7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/52004861

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年6月21日に日本でも Internet Explorer 9 が自動配信:

« Windows 7 でハイコントラストの設定を簡単に切り替える方法 | トップページ | Internet Explorer 9の自動配信はどうなった? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ