« Windows 7で文字をもっとはっきりと表示させたい | トップページ | YouTube で Internet Explorer 6 のサポートは終了 »

プレクストークでサピエ図書館を使いたい

今回は、プレクストークを使っているユーザーさんからの質問です。

プレクストークでCDのDAISY図書を再生しています。ところで、私のプレクストークは、パソコンにもつなげられるとのこと。そうすると、サピエ図書館のデイジーデータもダウンロードして、いつでも再生できるそうですね。でも、実際、どうするのでしょう?

このユーザーさんは、近所の方でしたので、ちょっとお伺いしてきました。

プレクストークとは、こういう機械です。

プレクストークのホームページより

プレクストークは視覚障害者向けに専用設計された録音・再生装置です。カセットテープに変わる録音図書として普及している国際標準「DAISY」(=デジタル音声情報システム)規格での録音・再生が可能

さて、ユーザーさんは、PLEXTALK <プレクストーク> PTR2をお持ちでした。これは、USB 接続でパソコンにつなぐことができます。そして、CD-R/RWとCFカードが使えました。

要望は、サピエ図書館からダウンロードしたデイジーデータをパソコンからCFカードに移し、このCFカードをプレクストークに挿入して聞きたいということでした。しかし、ユーザーさんのパソコンには、CFカードのスロットルがありませんでした。

今回は、実際に伺ってのサポートであり、我が家にプレクストークがありません。そこで、どのようにすると、サピエ図書でダウンロードしたデイジーデータをプレクストークで再生することができるのかの手順を簡単に紹介します。

まず、プレクストークをパソコンに接続して、デイジーデータをプレクストークに挿入してあるCFカードに移す作業をします。ただ、プレクストークの初期設定のままでパソコンに接続すると、プレクストークはCDドライブとして認識されてしまいます。今回は、CFカードにデータを移したいので、プレクストークをCDドライブからCFカードドライブに変更する必要がありました。

※このプレクストークの設定変更は、プレクストークをパソコンにつないでカードドライブとして使いたいをご参照ください。

次に、サピエ図書館でダウンロードしたデイジーデータを解凍します。サピエ図書館のデイジーデータは、[exe] ファイルでした。実行すると、自動的に解凍され、[exe] ファイルと同じ名前のフォルダーに展開されました。

この展開されたフォルダーの中には、[html] ファイルとランダムの英数字のフォルダーが入っています。そのランダムの英数字のフォルダーを開き、中のファイルだけをすべて、プレクストークのCFカードの中に移動します。CFカードには、フォルダーを作らないで、直接ファイルだけを移動させてください。

ファイルの移動が完了したら、パソコンとプレクストークの接続を解除します。プレクストークの電源を切ってしまってから、ケーブルを抜くと楽でしょう。

パソコンからプレクストークの接続を解除したら、プレクストークを起動させます。これで、CFカードに入れた DAISY データの再生が自動的に行われることでしょう。

なお、今回紹介した方法は、1つのデイジーデータしか扱えません。読み終えたら、CFカード内のファイルをすべて削除してから、新しいデイジーデータを移し、再生させてください。

2010年8月4日 追記
プレクストークのCFカードに複数のデイジー図書を保存して、再生する方法がわかりました。詳細は、プレクストークのCFカードに複数のデイジーデータを保存したいでご確認ください。

« Windows 7で文字をもっとはっきりと表示させたい | トップページ | YouTube で Internet Explorer 6 のサポートは終了 »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/48578867

この記事へのトラックバック一覧です: プレクストークでサピエ図書館を使いたい:

« Windows 7で文字をもっとはっきりと表示させたい | トップページ | YouTube で Internet Explorer 6 のサポートは終了 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ