« Ctrl+Alt+Delete について | トップページ | PC-TalkerのバージョンアップとMMメール携帯 »

Windows Vistaを使いやすくするために

Windows Vistaでフリーズしてしまったら、どうすると良いのか?

しかし、実際には、そんなに、フリーズしないようになっています。ただ、ちょっとしたことで、反応速度が鈍くなることはあります。この時、実際には、フリーズしていないのですが、音声ガイドが止まってしまうので、フリーズしたかのように感じることでしょう。問題は、音声ガイドしてくれない状態になった場合、どうしたらいいのか?ということになるでしょう。

まずは、そういうふうにならないように、Windows Vistaの設定を整えるということが必要なようです。

実際のところ、我が家では、あまりフリーズしない Windows Vistaです。よって、フリーズした際の検証がなかなかできません。

ただ、ちょっとしたことで、反応速度が鈍くなることがあります。実際には、フリーズしていないのですが、音声ガイドが止まってしまうので、フリーズしたかのように感じることでしょう。

特に多いのが、日本語入力時、変換していてだと感じます。

Microsoft の日本語入力ソフト IME、特に Word 2007や Excel 2007が搭載されている Office 2007プリインストールタイプの IMEがひどいです。

Windows には、Windows に付属している日本語入力ソフトとMicrosoft Officeに付属している日本語入力ソフトがあります。Microsoft Office が搭載されていないタイプの Windows は、Windows 付属の日本語入力ソフトを使います。
ところが、Microsoft Officeを搭載すると、自動的に Office の日本語入力ソフトを使うように設定されてしまいます。

Windows Vista での日本語入力ソフトは、Windows 付属のものをMicrosoft IME と言います。
また、Microsoft Office 付属のものは、Microsoft Office IME 2007と言います。

Office IME 2007は、非常に多機能で至れり尽くせりの対応をしてくれます。ただ、その至れり尽くせりの対応が、問題なようで、変換スピードが落ちてしまいました。

この件は、Office 2007 の修正ファイルが公開されています。

Windows Update を行って、Office 2007 のサービスパック1(SP1)とサービスパック2(SP2)を入れてみてください。

Word 2007やExcel 2007搭載機は、これで、変換スピードが上がりますので、音声ガイドが止まってしまったという事態が改善されると思います。

« Ctrl+Alt+Delete について | トップページ | PC-TalkerのバージョンアップとMMメール携帯 »

IT支援」カテゴリの記事

Vista」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/46973304

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Vistaを使いやすくするために:

« Ctrl+Alt+Delete について | トップページ | PC-TalkerのバージョンアップとMMメール携帯 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ