« Windows Media Player 11の再生リスト | トップページ | ノートパソコンのタッチパット »

Windows Media Player 11で音楽CDを作る

Windows Media Player 11の再生リストで、PC-Talkerを使ってWindows Media Playerで気に入った曲を再生リストに登録し、順番を編集したり、再生する方法を紹介しました。

今回は、Windows Media Player 11を使って、音楽CDを作る方法を紹介しましょう。

音楽CDを作成するには、何も記録したことのない、空のCD-Rが必要です。できれば、音楽用のCD-Rを用意しましょう。

また、似たような書き込み用CDで、CD-RWというものもあります。CD-RWへも音楽データを書き込むことは可能ですが、CDラジカセの機種によっては、再生できないことがあります。

詳しいことは、私のサイトのパソコンで使えるCDについてCD-Rの「音楽用」と「データ用」の違いについてでご確認ください。

音楽CDの作成方法

では、いよいよCDに書き込んでみましょう。

  1. 何のデータも書き込んでいない、からの音楽用CD-Rをパソコンに挿入します。
  2. しばらくすると自動再生のメニュー画面が開きます。
    矢印キーで「オーディオCDの書き込み Windows Media Player使用」を選択しエンターします。
    なお、からのCD-Rを挿入しても自動再生のメニュー画面が開かない場合は、「今号の解説」をご覧ください。
  3. Windows Media Player 11が起動します。
    このとき、「書き込み」タブで開くことでしょう。
  4. Tabキーで Windows Media Playerのフォルダ選択まで移動します。
    このフォルダ選択の部分をナビゲーション ウインドウと言います。ナビゲーション ウインドウの中を上下矢印キーで「アルバム」まで移動します。
  5. アルバムが見つかったら、Tabキーを1回叩きます。
    すると、アルバムの一覧 リストビューへ移動します。カーソルキーでCDに書き込みたいアルバムを見つけます。なお、このアルバムのリストビューは、縦だけでなく、横にも表示されています。タイトルが同じ頭文字のアルバムがまとめられているのです。タイトルが英数字でついている場合は、そのキーを押すと一挙に飛べます。左右キーで目的のアルバムを見つけましょう。タイトルが日本語の場合は、上下キーで、同じ文字で始まるタイトルを見つけます。見つかったら左右キーも使って探してください。
  6. CDに書き込みたいアルバムが見つかったらエンターキーを押します。
    その後、Tabキーを1回押して「書き込みリスト」と音声ガイドされたら、Shift+Tabキーを1回押してください。すると、そのアルバムの曲名一覧が表示されているリストビューに入ります。上下矢印キーで各曲名を確認します。
  7. そのアルバム内すべての曲をCDに書き込みたい場合は、Ctrl+Aですべて選択してからアプリケーションキーかCtrl+F10を押してメニューを表示させます。「書き込みリストに追加」でエンターしてください。これで、すべての曲をCDに取り込むことができます。
    ※一部の曲だけを書き込みたい場合は、上下矢印キーでCDに書き込みたい曲を見つけます。見つかったら、アプリケーションキーかCtrl+F10を押します。メニューが表示されますので「書き込みリストに追加」でエンターします。これを繰り返します。なお、曲の順番は、「書き込みリストに追加」していった順です。
    ※音楽CDを作成する場合、1曲ずつとか後から音楽データを足すということができません。特にCD-Rに書き込む場合は、やり直しできませんので慎重に作業をおこなってください。
  8. CDに書き込みたい曲をすべて書き込みリストに送ったら、Alt+Sキーを押します。すると音楽ファイルがCD書き込みファイルようになるよう変換が始まります。変換が終わったファイルは「待機中」と表示されます。全ての音楽ファイルの変換が完了すると、CDへの書き込みが始まります。
  9. 全ての曲がCDに書き込まれると自動的にCD-Rがパソコンから出てくることでしょう。
    きちんと再生できるかどうか、確認してみましょう。

今回の解説

■空のCD-Rを挿入しても自動再生のメニュー画面が開かない

以下のようにして、設定を確認し、変更してみてください。

  1. [スタート]メニューの「マイコンピュータ」を開く
  2. DVD/CDドライブのアイコンでアプリケーションキーを押すか、Shift+F10キーを押し「プロパティ」を選択
  3. 「ドライブのプロパティ」画面が開くので「自動再生」タブを開く
  4. 「内容の種類を選んでから、その種類がこのデバイスで使われた場合に Windows が自動的に実行する動作を選んでください」をカーソルキーで移動し「空のCD」を選びます。Tabキーを押して「動作を毎回選択する」と音声ガイドされるかどうか確認する。「動作の 選択 実行する動作を選択」になっている場合は、Alt+Cを押して「動作を毎回選択する」にする。
  5. 「OK」まで移動しエンター

■CDへ書き込みできません

以下のようにして確認してください。

  1. [スタート]メニューの「マイコンピュータ」を開く
  2. DVD/CDドライブのアイコンでアプリケーションキーを押すか、Shift+F10キーを押し「プロパティ」を選択
  3. 「ドライブのプロパティ」画面が開くので「書き込み」タブを開く
  4. 「デスクトップCD書き込み」内の「このドライブでCD書き込みを有効にする」にチェックが付いているかどうか確認。チェックが付いていなかったら、スペースキーでチェックをつける。
  5. 「OK」ボタンでエンター

■書き込みが終わってもCD-Rがパソコンから出てこない

以下のようにして設定を確認してみてください。

  1. Windows Media Player で Altキーを押してメニューを表示させ、「ツール」から「オプション」を選択します。
  2. オプションの画面が開くので、「書き込み」タブを開きます。
  3. Tabキーで「書き込み後にディスクを自動的に取り出す」へ移動しチェックが付いているかどうか確認します。、
    付いていない場合は、スペースキーでチェックをつけます。
  4. Tabキーで「OK」へ移動しエンターします。

これで、以降は、音楽CDの書き込みが完了すると、自動的にCD/DVDドライブが開いて、CD-Rが排出されます。

« Windows Media Player 11の再生リスト | トップページ | ノートパソコンのタッチパット »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/47019298

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Media Player 11で音楽CDを作る:

« Windows Media Player 11の再生リスト | トップページ | ノートパソコンのタッチパット »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ