« Windows Media Player 11でスクリーンリーダー搭載機に便利な設定 | トップページ | Windows Media Player 11で音楽CDを作る »

Windows Media Player 11の再生リスト

スクリーンリーダー搭載機でWindows Media Player 11を使うのに便利な設定方法を紹介しています。

今回は、Windows Media Playerで気に入った曲を再生リストに登録し、順番を編集したり、再生する方法を紹介しましょう。

再生リストとは、自分の気に入った曲だけを再生できる機能です。これを使って、再生リストを複数作っておけば、そのときの自分の気分にあった曲が次々流れてくるようにできます。

なお、Windows Media Playerは、カーソルがどこにいるのかよくわからなくなることが多いソフトです。Tabキーを押しても音声ガイドしない項目が所々あります。もし、迷子になったときは、Windows Media Playerを再起動させ最初から作業をやってみてください。

再生リストへの登録の仕方

音楽CDをWindows Media Player 11で操作するでパソコンに音楽CDを取り込む方法を紹介しましたので、今回は、その続きとして、ライブラリに表示されている曲から再生リストへ登録する方法です。

  1. Windows Media Player 11を起動させます。
  2. ライブラリ タブで開くことでしょう。
    Tabキーで Windows Media Playerのツリービュー フォルダ選択まで移動します。
  3. 上下矢印キーで「曲」へ移動します。
    すると、リストビューには、Windows Media Playerのライブラリに登録されている曲が全て表示されていることでしょう。
  4. Tabキーでリストビューへ移動し、上下矢印キーで再生リストに登録したい曲を見つけます。選択した曲がどんな曲か聞いてみたい場合は、エンターキーで再生します。Ctrl+Sキーで停止します。登録したい曲が見つかったら、アプリケーションキーか、Shift+F10キーを押します。メニューが表示されますので、上下矢印キーで '無題の再生リスト' に追加 へ移動し、エンターします。
    なお、勝手に曲が流れ始めた場合は、Ctrl+Sキーで再生を止めてください。
  5. 作業項目4.を再生リストに登録したい曲 全てにおこないます。
  6. 出来上がったら、再生リストに名前をつけて保存しましょう。
    Tabキーで「無題の再生リスト」へ移動します。上下矢印キーでメニューが表示されます。「再生リストに名前をつけて保存」でエンターします。ファイル名:の コンボボックスのエディット 文字入力 または選択 と音声ガイドされますので、わかりやすい名前を入力してエンターします。

以上で再生リストの登録が完了しました。

再生リストの順番

再生リストに登録した際は、曲を見つけ次第、リストへ登録したので、順番までは、考慮していないかもしれませんね。そんな場合の再生リストの曲順を変更する方法です。

  1. Windows Media Player 11を起動させます。
  2. ライブラリ タブで開くことでしょう。
    Tabキーで Windows Media Playerのツリービュー フォルダ選択まで移動します。
  3. 上下矢印キーで今回編集したい再生リストを見つけます。
    再生リストが見つかったら、Alt+Eキーを押します。すると、再生リストの一覧が リスト ウインドウ領域へ移動します。ただし、移動したことを音声ガイドしてくれませんのでご留意ください。
  4. Tabキーを5回たたいて、Windows Media Playerの リストビュー 選択まで移動します。途中、まったく音声ガイドしない項目がありますので、Tabキーを打つ回数で覚えておいてください。
    さて、ここで1曲目が選択されているのですが、PC-Talkerは、曲名を音声ガイドしないときがありました。そんな時は、下矢印キーで1回下りてから、上矢印キーで戻ってくると1曲目の題名を読み上げます。
    後は、下矢印キーで順番に曲名を確認していきましょう。順番を入れ替えたい曲が見つかったら、アプリケーションキーかShift+F10キーを押します。メニューが表示されますので、Uキーを押すとその曲が1つ 上に移動します。Shift+F10キーを押して、Wキーを押すとその曲が1つ 下に移動します。この作業を繰り返して、曲を入れ替えてください。
  5. 途中、いらない曲が見つかった場合は、Deleteキーを押すと削除されます。
  6. 入れ替え編集作業が終わったら、Alt+Sキーを押して、編集した再生リストを保存します。

出来上がった再生リストを再生する

では、自分で作った再生リストの再生の仕方です。

  1. Windows Media Player 11を起動させます。
  2. ライブラリ タブで開くことでしょう。
    Tabキーで Windows Media Playerのツリービュー フォルダ選択まで移動します。
  3. 上下矢印キーで再生したい再生リストを見つけます。
    再生リストが見つかったら、Tabキーを1回打ちます
  4. Windows Media Playerの リストビュー 選択と音声ガイドされたら、1曲目が選択されていることでしょう。上下矢印キーで移動して目的の曲から再生させることも可能です。エンターキーを押すとその曲から再生されます。
    一時停止は、Ctrl+Pキーです。
    一時停止から再生させるのもCtrl+Pキーです。
    停止は、Ctrl+Sキーです。
    ランダム再生の入り切りは、Ctrl+Hキーです。
    連続再生の入り切りは、Ctrl+Tキーです。
    ただし、ランダム再生と連続再生のショートカットキーを押しても音声ガイドはありません。

再生リストの一覧をリスト ウインドウ領域へ移動させた場合、Tabキーを1回叩くとWindows Media Playerの リストビュー 選択と音声ガイドしますが、ここのリストビューには、何もありませんのでご注意ください。

リスト ウインドウ領域でもエンターキーを叩くと、選択中の曲を再生することができます。
一時停止は、Ctrl+Pキーです。停止は、Ctrl+Sキーです。

楽しい再生リストを作ってみてください

« Windows Media Player 11でスクリーンリーダー搭載機に便利な設定 | トップページ | Windows Media Player 11で音楽CDを作る »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/47009516

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Media Player 11の再生リスト:

« Windows Media Player 11でスクリーンリーダー搭載機に便利な設定 | トップページ | Windows Media Player 11で音楽CDを作る »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ