« Windows Media Player 11の画面について | トップページ | Windows Media Player 11のショートカットキー »

Windows Media Player 11内をTabキーで移動

Windows Media Player 11の画面についてで、Windows Media Player 11の画面全体が、どんなふうになっているのかを紹介しました。

Windows Media Player 11は、PC-Talker XPや PC-Talker Vistaの場合、Tabキーで移動してみると、操作に必要な項目をほぼ音声ガイドしてくれます。また、Tabキーでぐるっと一周回ってくることができます。

多分、わかりにくい部分は、一部矢印キーで移動する部分があるところでしょう。

では、試しに、Windows Media Playerを起動させてTabキーで移動してみましょう。

1.タイトルバーについて

Windows Media Playerが初期設定の表示になっている場合は、メニューバーが表示されていません。Altキーを押すとメニューが表示されますが、前号で紹介したように操作方法が少し違います。

そして、タイトルバーの部分もTabキーで操作できるようになっています。

Windows Media Player起動時、Tabキーを押すと「Windows Media のプッシュボタン 確認」と音声ガイドされます。これが、タイトルバーのタイトルアイコンです。通常このアイコンをマウスでクリックするとシステムのメニューが表示されます。Alt+スペースキーで表示される、ウインドウを「元に戻す」とか「移動」「サイズ変更」「最小化」「最大化」「閉じる」のメニューと同じです。しかし、キーボード操作では、このアイコンを選択してもメニューを表示させることができませんでした。仕方がありませんので、Tabキーをもう少し叩いて、次に出てくるウインドウの最小化や元に戻す、もしくは、ウインドウの最大化、そして、ウインドウを閉じるのボタンで操作してください。

ただし、「Windows Media のプッシュボタン 確認」の次が「プレイビュー」の確認となってしまった場合は、Windows Media Playerがクラシックメニューになっています。この場合は、メニューバーが表示されていて、タイトルバーにTabキーではいれません。ウインドウの操作は、Alt+スペースキーを押してメニューを表示させ、操作してください。

2.タスクバーについて

タスクバーには、プレイビュー、ライブラリ、取り込み、書き込み、同期、そして、ミュージックストアといった6つのタブが並んでいます。なお、ミュージックストアは、選択できるようになっていますので、それぞれ違います。タスクバーをTabキーで移動すると、各タブの選択のプッシュボタンとそのメニューを表示させるプッシュボタンとが交互に見つかることでしょう。選択したタブを開きたい場合は、そのタブでエンターキーを押します。しかし、どのタブで開いているという音声ガイドはありません。もし、そのタブが既に開いているにも関わらず、エンターしてしまうとメニューが開いてしまいます。メニューが開いたままTabキーを押すと、「コン」と警告音が鳴ってTabキーでの移動ができません。

しかし、このメニューが開いていることも音声ガイドしません。上下矢印キーで移動してみて、初めてメニューが開いていることがわかることでしょう。

3.ツールバーについて

プレイビュータブが開いていない状態で、タスクバーのタブを抜けると、Windows Media Playerの ツールバーに入ります。

まずは、カテゴリの選択です。ここで、ツリービューの部分を選択できます。

カテゴリの選択の次は、レイアウト オプションです。しかし、ここのレイアウトを変更してしまうと、一般的な表示ではなくなってしまうので、メール等でサポートを受ける際は、不便になるかもしれません。

次は、エディット 文字入力 と音声ガイドされます。ここは、検索ボックスです。
ここに文字入力すると、その文字列に関連した曲を検索してくれます。なお、次の検索のクリアでエンターすると、検索した文字列を削除することができます。なお、取り込みタブで開いている場合、検索ボックスは表示されません。

検索ボックスの次は、リストウインドウ領域の表示と音声ガイドされます。ここでエンターすると、リストウインドウ領域が表示されます。リストウインドウ領域が表示されていると、ここのリストウインドウ領域の表示ボタンは、ツールバーからなくなります。ただ、リストウインドウ領域内は、音声ガイドされない部分があります。

4.ナビゲーション ウインドウについて

ツールバーを抜けると、Windows Media Playerの ツリービュー フォルダ選択 と音声ガイドされます。ここは、Windows Media Playerのナビゲーション ウインドウと呼ばれる部分です。このツリービュー内は、矢印キーで各フォルダに移動できます。上下矢印キーで移動すると、フォルダが並んでいる順に移動できます。左矢印キーを押すと、そのフォルダの親フォルダへ直接移動します。親フォルダを選択している状態で、再度左矢印キーを押すとそのツリーが閉じます。閉じたツリーは、右矢印キーで開きます。再度右矢印キーを押すと、親フォルダから子フォルダの一番上に移動します。

各フォルダに移動すると、即、そのフォルダの内容がこの次の詳細ウインドウであるリストビュー内に表示されます。

5.詳細ウインドウについて

ナビゲーション ウインドウを抜けると次は、Windows Media Playerの リストビュー 選択と音声ガイドされます。

ここは、Windows Media Playerの詳細ウインドウと呼ばれる部分です。パソコンに取り込んだ音楽データや動画データのリストが表示されます。表示されている内容は、前に選択したツリービューのフォルダによってさまざまです。ツリービューで、アーティストやアルバム、ジャンル、年、評価を選択していると、リストビューは横数列に表示されてしまいます。上下矢印キーだけでなく、左右キーも使って目的のものを探さないといけなくなります。できれば、ナビゲーションウインドウで最近追加か 曲を選んでリストを表示したほうがわかりやすいことでしょう。

6.リストウインドウ領域について

詳細ウインドウの次は、音声ガイドがありません。リストウインドウ領域が開いている場合は、ここでエンターすると、リストウインドウ領域が閉じます。また、その次もTabキーでの音声ガイドがされない部分が続きます。その後、再生リストを作っている場合は、再生リスト名を読み上げます。次は、Windows Media Playerの ツールバー 選択 リスト ウィンドウ領域をクリアと音声ガイドされます。再生リストを削除するかどうかのボタンです。次は、再生リストの題名が音声ガイドされます。上下矢印キーでリストを移動できます。次は、再生リストを作ったばかりの場合、再生リストを保存するかどうかのボタンが表示されています。

7.位置スライダーについて

次も、また音声ガイドがありません。ここは、再生がどこまで進んでいるのかの位置スライダーです。再生中に矢印キーで操作すると、再生中の音楽や動画を先に進めたり元に戻したりできます。

8.再生コントロール領域について

位置スライダーの次は、Windows Media Playerの再生をコントロールするアイコンが表示されている部分です。

まずは、メタデータアイコンです。ここにアルバムのジャケットが表示されています。再生時にエンターすると状態を表示するのですが、音声ガイドはありません。

次が、再生してどのくらい時間が経過したかを教えてくれます。ただし、なんぷん なんびょう では、音声ガイドしません。数字の読み上げです。2分2秒ならば、02 02といった具合です。

次は、再生に関するコントロール領域です。ランダム再生、連続再生、停止、前へ、再生(再生中の場合は、一時停止)次へ、ミュートと並んでいます。ミュートの次は、音声ガイドがありません。音量を変更できるスライダーです。上と右矢印キーで音量が大きくなり、下と左矢印キーで小さくなります。

この部分は、Windows Media Playerの状態によって微妙に変化します。データの再生中、停止中で違います。

次の全画面表示は、動画の再生中に使います。動画の画面をパソコンモニターいっぱいに表示させたい場合にエンターします。

次のコンパクトモードに切り替えのボタンは、Windows Media Playerのウインドウを小さなコンパクトサイズに表示させることができます。これを元に戻すには、フルモードに戻るを見つけてエンターすればいいのですが、一旦設定してしまうと、なかなか見つけにくい状態になるようです。私の場合は、メモリ不足になるのか音声ガイドがついてこないような感じです。あまり設定変更しないほうがいいかもしれません。

Tabキーで移動するとどうなっているのか、ざっと紹介しましたが、どのタブで開いているのかとか、再生中や停止中、リストウインドウが開いている開いていないといったことで、微妙に音声ガイドの内容がかわってしまいますので、非常にわかりづらいことと思います。

次回は、Windows Media Player 11のショートカットキーを紹介しましょう。

« Windows Media Player 11の画面について | トップページ | Windows Media Player 11のショートカットキー »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/47001864

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Media Player 11内をTabキーで移動:

« Windows Media Player 11の画面について | トップページ | Windows Media Player 11のショートカットキー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ