« Windows Vistaを使いやすくする | トップページ | マイファイルの読み替え辞書について »

マイファイルでWindows共通のキー操作を使う

Windows共通のキー操作。
PC-Talkerのおまけソフト「マイファイル」でも使えるといいのになぁと思っていたら、設定を変更すればできることに気がつきました。

今回は、その方法を紹介しましょう。

マイファイルで何かファイルやフォルダを探す場合、一覧内を上下矢印キーで目的のファイルやフォルダを探すという方法をb使っているユーザーさんも多いことでしょう。

ファイルやフォルダの名前を英数字でつけている場合は、その頭文字のキーを押せばスッと移動することも可能なのでした。

まずは、設定を確認してみましょう。

マイファイルを起動して、メニューバーの「環境」から「操作オプション」を開きます。
Tabキーで移動して「フルキーとテンキーの使い方の 選択 コマンドを実行する」となっていたら、矢印キーで「ファイルやフォルダ名を探す」に変更します。「設定」でエンターしてマイファイルに戻りましょう。

目的のファイルやフォルダ名の頭文字のキーを押します。目的のファイルやフォルダへ移動できたことでしょう。なお、この方法は、ファイルやフォルダの名前を日本語で付けている場合は、使えませんのでご注意ください。

また、この設定変更は、「環境」から「操作オプション」へ入らなくてもF8キーを押せば可能です。

F8キーを押して「キー入力は ファイルやフォルダを探す」と音声ガイドされたら、目的のファイルやフォルダ名の頭文字のキーで移動できます。

「キー入力は コマンド実行」と音声ガイドされたら、マイファイル独自の操作方法ができます。何かキーを押すと、そのキーに該当するショートカットキーとしてコマンドが実行されます。例えば、Cキーを押せば「複写」が実行されるというわけです。

Windows共通のキー操作は、エクスプローラーは、もちろん使えますし、Windowsのスタートメニューの Windows XPやクラシックタイプでも使えます。

そして、マイファイルで「キー入力は ファイルやフォルダを探す」に切り替えると、マイエディットやマイワードなど、高知システム開発のプログラム内でファイルを開く等の操作をする場合、一覧内でも使えるようになりますよ。

« Windows Vistaを使いやすくする | トップページ | マイファイルの読み替え辞書について »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/46936477

この記事へのトラックバック一覧です: マイファイルでWindows共通のキー操作を使う:

« Windows Vistaを使いやすくする | トップページ | マイファイルの読み替え辞書について »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ