« Podcastを聞きたい | トップページ | Windows Media Player 11をインストールする »

操作方法を説明する際について

晴眼者サポータさんから
「操作方法の説明をするとき、どんなふうに説明するとわかりやすいのでしょうか?」
という質問を受けました。

支援するかたの年齢やパソコンの理解度によっても違うのですが、私は、できるだけ変化の少ない操作方法を説明すると良いのではないかと考えています。

我が家は、三世代同居です。夫の母は、70歳を超えましたが、非常に元気でして自分一人でよく買い物にも出かけます。さて、買い物へ行くお店は、ほぼ決まっています。

いろいろなお店に出かける私と違って、若い頃から行きつけにしているお店があり、大きな買い物をする場合はそこだけに出かけます。そこは老舗で、私なんかはとてもとても。たびたび行こうとは思いません。

そんな母がほかの店に行った際、こんなことを言っていました。

「どこに何があるのか、見つけるまでが大変で買い物どころじゃなかった」

スクリーンリーダーユーザーさんも似たようなことをおっしゃいます。

「どこに何があるのか、見つけるまでが大変」

晴眼者は、パソコンの画面を三次元的に見ています。だから、鳥のように上空から見て、パッと一直線に目的地へ移動できるのです。

しかし、スクリーンリーダーユーザーさんは、パソコンの画面を二次元的に見ていると言えるでしょう。一つ一つの項目を確認しながらの移動が多いことでしょう。

目的の項目までキーを叩く数を覚えてしまえば良いのですが、覚えるまでが大変なようです。また、せっかく覚えたのに、システムの変更やWEBサイトのリニューアルなどで目的の項目が移動してしまうこともよくあります。

ですから、サポートする際は、まず全体がどんなふうになっているのかを伝えます。そして、操作方法では、できるだけ変更が少ないクラシックタイプのスタートメニュー内にショートカットアイコンを置いての方法や、ショートカットキーでの操作方法で説明すると良いかもしれません。

また、ショートカットをすべて覚えるということが困難なかたもいらっしゃることでしょう。忘れてしまった場合に備えて、項目に入ったら目的の操作コマンドが、できるだけ上下キーだけで見つかるような設定にしてみるとよいかもしれません。

目的の操作コマンドやファイルがなかなか見つからない、ということでサポートに伺うと2列目にあった!ということもあるのです。上下キーだけで探したので、2列目に移動できなかったようなのでした。

パソコンのシステムを作っている方々にお願いしたいことですが、大きな操作方法の変更は、できるだけ避けて欲しいものです。

« Podcastを聞きたい | トップページ | Windows Media Player 11をインストールする »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/46979325

この記事へのトラックバック一覧です: 操作方法を説明する際について:

« Podcastを聞きたい | トップページ | Windows Media Player 11をインストールする »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ