« PC-Talkerの読み辞書 | トップページ | 日本語に変換された際の情報をもっと詳しく知りたい »

オフィスワトソンって何ですか?

今回の質問は、PC-Talker XP ユーザーさんからのものです。

時々、オフィスワトソンというのが起動して、エラー報告を送信するか、しないか、と聞いてきます。こんな時、どうしたらいいのでしょうか?

オフィスワトソンとは、マイクロソフトのソフトウェアがクラッシュした時、そのパソコンからデータ送信をする仕組みのことです。マイクロソフトでは、Watson というニックネームで呼ばれています。

今回は、このオフィスワトソンについて紹介しましょう。

オフィスワトソンが出てくる時。それはつまり、パソコンに何か不都合が起きたのでしょう。そのエラー報告をマイクロソフトへして欲しいというお願いメッセージが開いているのです。

★オフィスワトソンと音声ガイドされたら

オフィスワトソンが出てきてしまったら、どう対処したら良いでしょうか?
Tabキーで選択できる項目が下記の3つあります。

1.送信しない
ここでエンターすると、このメッセージ画面を閉じることができます。

2.ここをクリックしてください。
エラー報告に含まれるデータが参照できます。しかし、エラーに関するデータなので、何のことか意味不明です。

3.エラー報告を送信する
「エラー報告を送信する」でエンターすると、自動的にエラーが送信され、ブラウザ が起動します。エラー報告を受けた Microsoft からは「問題のあるプログラム」「原因の詳細な説明」そして、うまくいくと「問題の解決方法」が出ることもあります。しかし、スクリーンリーダーでこの情報を読み取るのは、難しいことでもあります。それでも、晴眼者の目を借りるなどして、エラー報告してみてください。もしかすると、不都合が改善される場合もあります。

晴眼者の目がない、一人では不安、という場合は「送信しない」を選択しても構いません。特に、Internet Explorer が不都合を起こしている場合は、エラーになってしまって報告できないこともありますから。

★オフィスワトソンが出て来ないようにしたい

エラー報告をすると改善される場合もありますから、あまりお勧めできません。しかし、どうしても、オフィスワトソンを止めたい場合は、私のWebページ「オフィスワトソンって何ですか?」でそのやり方を紹介しましたので、そちらでご確認ください。

ワトソン。どこかで聞いたことのある名前ですよね。

そう、アーサー・コナン・ドイルの推理小説「シャーロック・ホームズ」に出てくるワトソン博士。

さて、今回紹介したコンピュータに関する情報を収集する診断ツールのファイル名は Drwatson.exe と言います。Dr.Watson・・・やっぱり、ワトソン博士なんですねぇ。

ワトソン博士 (Drwatson.exe) ツールについて

« PC-Talkerの読み辞書 | トップページ | 日本語に変換された際の情報をもっと詳しく知りたい »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/47163808

この記事へのトラックバック一覧です: オフィスワトソンって何ですか?:

« PC-Talkerの読み辞書 | トップページ | 日本語に変換された際の情報をもっと詳しく知りたい »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ