« PC-Talker XPで Internet Explorer 7を使う | トップページ | PC-Talker Vista について »

数字を記載する場合

今回いただいた質問は、スクリーンリーダーユーザーさんからです。

パソコンで数字を書くとき、気になることがあります。例えば、日付を書くときに、数字を半角にした方がよいのか、全角にした方がよいのか迷います。もし上下に数字を並べた場合、半角での12月とかはいいのですが、1月だと上下と半角ずれるので、半角のスペースを補ったほうがいいのでしょうか?それとも一桁の数字は全角にしたほうがいいのでしょうか?

まぁ、そんなことを気にしないでください、と言いたいところです。でも、何のことでしょう?と思うかたもいらっしゃるかもしれませんね。少し解説したいと思います。

パソコンで数字を記載するということは、よくあると思います。日付、年齢、電話番号、住所の番地。Webページ上で数字を入力する場合、あまり気にせずに入力できるところもありますし、場合によっては、送信したときにエラーになってしまった、というところもあります。

このエラーになってしまう原因が、半角で入力すべきところを全角で入力していたという場合でしょう。

★半角と全角

日本語でひらがなや漢字を文字入力する場合は、全角です。半角と言うのは、日本語入力を切った状態で入力したアルファベットや数字、記号のことです。この半角文字 2つ分を一つで表示した文字のことを全角といいます。もしくは、日本語入力での半角文字のカタカナもあります。

★見た目

半角文字は、全角文字の半分しか幅がありません。よって、半角文字は、細く見えますし、全角文字は、太く見えます。

ひらがなや漢字は、全角文字でしか表記できませんが、英数字や記号、カタカナは、全角でも半角でも表記できます。

例えば、Aの全角、Aの半角。1の全角、1の半角、と言った具合です。

★注意して欲しいこと

仕事で文章を書く、数字を入力する、と言った場合は、半角表記と全角表記で厳しい取り決めがあるものです。

しかし、仕事以外では、見た目のことです。あまり、半角表記や全角表記にこだわらない方が無難でしょう。ただ、一般的には、「英数字は半角」という風潮が若者中心にあるようです。

また、数字の文字列の途中で、改行してしまわないようにしましょう。これは、音声ガイドでも、見た目でも非常に読みづらいものです。

それと、上の数字と下の数字の文字列をそろえた方がいいかどうかの件です。例えば、数字を半角にするか全角にするかで、こんなふうにできます。

01月
12月
と記載しましょう。
01月の文字列は、12月の文字列と上下で合うよう、0を入れてあります。

また、こんな表記方法もあります。
1月
12月
これは、1月の1を全角で表記してあります。そして、12月の12は、半角で表記しました。これで、上下の文字列の幅が合う場合があります。

しかし、こんなやりかたは、記載者のこだわりに過ぎません。フォントによっては、幅が合わないこともあるのです。

仕事ではない場合は、自分で、こんなふうに表記してみようかな?とスタイルを決めても構わないでしょう。

私自身の文章を確認してみましたら、英数字は半角で表記しているようです。そして、記号は、全角が多いようです。

英数字や記号の表記は、これが自分のスタイル、として自由に決めても構わないと思います。

なお、半角カタカナは、ほとんどのWebページ上で使えますが、ブラウザによっては、自動認識に失敗する恐れがあります。ただ、メール本文内では使えません。しかし、間違ってメール本文中に半角カタカナを使っても、メールソフトが送信時、自動的に全角へ修正しますので、ご安心ください。

« PC-Talker XPで Internet Explorer 7を使う | トップページ | PC-Talker Vista について »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/47045100

この記事へのトラックバック一覧です: 数字を記載する場合:

« PC-Talker XPで Internet Explorer 7を使う | トップページ | PC-Talker Vista について »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ