« スクリーンリーダーに適したメール | トップページ | パソコンで思わぬトラブルにまきこまれないために »

晴眼者が読みやすいメール

今回の質問は、スクリーンリーダーユーザーさんからの質問です。

スクリーンリーダーを使って晴眼者へメールを書く場合、どんなことに気をつけたらよいのでしょう?

私がサポートしている皆さんへは、そんなことは気にしないで、メールソフトの性能に任せてどんどん書いてどんどん出しなさい、とお勧めしています。 

でも、お互い歩み寄れば、スムーズかな?とも思いますので、できれば、ちょっとだけ気をつけて欲しいことを紹介しましょう。

変換は正しくする

ひらがな、漢字、カタカナ表記がめちゃめちゃの場合、晴眼者にはとっても読みづらい文章になります。

文章を入力する際は、文節ごとにスペースキーや変換キーを押して変換をするようにしてみてください。これだけでも、ずいぶん正しく変換してくれるようになります。

また、PC-Talkerの設定の「日本語変換時の読み方」にある「変換中 ガイドラインを全て読み上げる」の項目にチェックをつけておくと良いでしょう。チェックを付けると長い文節を入力して変換しても、すべて音声ガイドしてくれるようになります。

例えば、「きょうはよいてんきですね。」と入力して「今日はよい天気ですね。」と変換された場合。チェックなしだと「今日」の部分しか変換の具合を音声ガイドしません。しかし、チェックを付けると「今日」の部分も「天気」の部分も変換具合が音声ガイドされるようになります。

短い文になるようにする

文が異様に長いものは、読みづらいものです。

なになになのですが、こうこうで、そして、どれどれですが、これこれで、それでも、あれあれが、まるまるで・・・。

といつまでたっても句点が来ないのは、非常に読みにくいだけでなく意味もわかりにくくなります。一度、読み返すなどして、適当な長さで句点をつけるようにしましょう。

句点を打ったら、改行しよう

文を書いて句点を打つ。その後にまた文章を続けると、メールの場合は、どうも読みにくくなります。
句点の後は、改行してしまうと、ずいぶん読みやすくなります。

段落ごとに空白行を1つ入れる

目で読む場合、ずるずると長い文章が続くと読みにくいのと一緒で、なん行にも渡って文字が続くと読みづらくなります。段落ごとに1行空白行を入れると、ずいぶんと読みやすいものになります。また、行数がわかる場合は、4行から5行程度で、1行空白行を入れても良いでしょう。

文頭のスペースについて

点字では、濁音や数字など2マス単位の文字があるので、文頭にスペースを二つ付けるというルールがありますね。また、墨字での場合も原稿用紙に記載する場合、段落の始めは、文頭に一マスあけるというルールがあります。

しかし、メールの場合、文頭にスペースを入れる必要はありません。

私が発行していたメールマガジンでは、表題やサブタイトルに記号を使っているので、見た目じょう、各行頭を揃えたい、ということで強制的に各行頭に1つスペースを入れてありました。しかし、通常のメールは、文頭にスペースを入れる必要はありませんし、各行頭にスペースを入れる必要も全くありません。

書式設定について

メールではなく、書類の場合、書式設定をすることでしょう。先様のお名前は、左揃えで配置。差出人は、右揃えで配置。題名は、中央揃えにしたいとか、いろいろおこなうことでしょう。

しかし、メールでは、そういった配置の書式設定に凝る必要はありません。メール本文は、1行辺りの文字数が各自違っているものです。

自分は、1行を半角76 文字に設定している。しかし、人によっては、70 文字だったり、80 文字だったり。100 文字だってありえますし、まったく改行しないよう設定していることもあるのです。そんなまちまちの設定では、書式設定をして送ったつもりでも意味がありません。

こんな感じです。

届いたメールを読んでいて「変換が間違っています」とか「ここはこうするのがルールです」と教えたくなる場合があることでしょう。でも、時々の間違いなら、誰にでもありますからね。あまり目くじらを立てずにどうぞ。

« スクリーンリーダーに適したメール | トップページ | パソコンで思わぬトラブルにまきこまれないために »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/47036542

この記事へのトラックバック一覧です: 晴眼者が読みやすいメール:

« スクリーンリーダーに適したメール | トップページ | パソコンで思わぬトラブルにまきこまれないために »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ