« パソコンで思わぬトラブルにまきこまれないために | トップページ | 数字を記載する場合 »

PC-Talker XPで Internet Explorer 7を使う

2008年2月13日より自動配信の始まった、Internet Explorer 7。
今回は、Internet Explorer 7を PC-Talker XPで使う方法をご紹介しましょう。

Internet Explorer 7は、PC-Talker XP バージョン1では、使えません。PC-Talker XP バージョン2.05以上から対応しています。Internet Explorer 7をインストールする前に、PC-Talker XPをバージョン2.05以上にしておきましょう。

PC-Talker XPの最新バージョンは、こちらからダウンロードできます。
PC-Talker XP最新モジュール

なお、MMメールをお使いの場合は、高知システム開発から出ている注意をよく読んでから作業してください。

一般的な操作方法

Internet Explorer 7の全文読みは、変わりありません。Shiftキーでおこなえます。リンク項目の移動もTabキーでおこなえますし、リンク項目を選択後エンターすればページが移動します。Alt+左矢印キーで前のページに戻りますし、Alt+右矢印キーで進めます。

ただし、Webページ内のリンク項目だけでなく、Internet Explorer 7のツールバーの項目もTabキーで、はいれるようになりました。ツールバーは、Tabキーでたどると、下記のように音声ガイドされる7項目へ移動できます。
1.文字入力または選択
2.最新の情報に更新
3.インターネットエクスプローラーの文字入力
4.検索 Alt+Enter で新しいタブで検索
5.お気に入りセンター
6.現在表示されているWebページのタイトル名
7.コマンドバー

なお、最新の情報に更新とお気に入りセンター、そして、コマンドバーの3つは、選択後、矢印キーでその中もたどることができます。この説明は、後半でどうぞ。

さて、このツールバーの中に入らずに、直接Webページ内にはいるには、次のようにおこなってみてください。

Webページが開いたら、Ctrl+下矢印キーを数回押し、何かリンク項目を見つけます。こうすると、Internet Explorerのツールバーには入らず、以降は、Internet Explorer 6のようにTabキーでリンク項目の移動が可能となります。最初からTabキーでWebページのリンク項目をたどっていくと、そのページ内に検索のための文字入力欄があって、カーソルが検索欄にあると、一番最初に検索欄に入ってしまいます。そして、検索欄の次のリンク項目からたどり始めます。検索欄の前にリンク項目が何もない場合は、それでも構わないかもしれませんが、必要なリンク項目がある場合は、見つけにくくなることでしょう。

なお、Ctrl+上下矢印キーは、カーソル位置から上下の項目へ移動して読み上げるというコマンドです。このコマンドは、PC-Talkerの設定「拡張設定」でインターネットエクスプローラーの設定が「インターネットエクスプローラでダイレクトキーを使用する」にチェックをつけると、上下矢印キーのみで操作が可能になります。ただ、一般的には、上下矢印キーでページ内を上下にスクロールさせて閲覧するという方法を取ります。晴眼者と一緒に同じパソコンを使っている場合は、設定しない方が無難かもしれません。

ツールバーについて

Tabキーでたどれるようになった、Internet Explorer 7のツールバー。その項目についても、少し解説しましょう。

1.文字入力
アドレスバーのことです。開いているWebページのURLが表示されています。Alt+Dキーで直接入ることもできます。Internet Explorer 6以前は、非表示にすることもできましたが、Internet Explorer 7では、非表示にできません。

2.最新の情報に更新
表示中のWebページで更新があった場合、再読み込みさせるときに使います。F5キーを押しても良いでしょう。

3.インターネットエクスプローラーの文字入力
検索ボックスの文字入力欄です。キーワードを入力してエンターすると検索が開始されます。マウスで操作する場合は、この次のTabキーを押して見つかる検索 Alt+Enter で新しいタブで検索 のアイコンをクリックします。bまた、キーワードを入力してAlt+Enterキーを押すと、検索結果が新しいタブで表示されます。

4.お気に入りセンター
Internet Explorer 6 でもあったお気に入りのことです。bAlt+A でも表示可能です。なお、右矢印キーで移動すると、お気に入りに追加 が見つかります。これも、Alt+Aで表示されるお気に入りに追加と同じです。

5.現在表示されているWebページのタイトル
ここがタブの部分です。複数のタブが表示されている場合は、左右の矢印キーで移動可能です。選択後、エンターすると、選択したタブのWebページが表示されます。

6.コマンドバー
コマンドバー内は、左右キーで移動できます。順番に、ホーム、このページで検出されたフィード、印刷、ページ、ツールヘルプと並んでいます。ただし、ヘルプに入ってしまうと抜けられなくなります。しかも、最初にコマンドバーと音声ガイドされるだけで、肝心のコマンド名である、ホーム、このページで検出されたフィード、印刷 の3つは、音声ガイドしません。コマンドバーは、使わずに、Altキーで表示されるメニューバーから操作すると良いでしょう。ただ、このページで検出されたフィードだけは、メニューバーにコマンドがありません。

タブを操作する

Internet Explorer 7は、新しくタブブラウザが取り入れられました。Internet Explorer 6までは、複数のページを同時に開いた場合、どんどん新しい Internet Explorer のウインドウが起動していました。しかし、タブブラウザで操作すると、開くInternet Explorer は、1つだけ。その中に、ノートのページをめくるように、複数のWebサイトを表示できるようになったのでした。

タブ間の移動ショートカットキーは、Ctrl+Tabキーでおこなえます。戻る場合は、Ctrl+Shift+Tabキーです。新規にタブを開きたい場合は、Ctrl+Tキーです。開いているタブのみを閉じたい場合は、Ctrl+Wキーです。

その他のツールバー と エクスプローラー バーについて

ツールバーの中には、Internet Explorer 7のツールバーのほかにもb組み込むことができます。しかし、いろいろなツールバーを組み込むと項目が増えてわずらわしい場合があります。そんな場合は、追加したツールバーの表示をやめましょう。Internet Explorer 7のツールバーは、非表示にできませんが、追加したツールバーは、非表示にすることができます。

【追加したツールバーを非表示にする方法】
Altキーを押して、メニューバーを表示。
右矢印キーで「表示」へ移動。
下矢印キーで「ツールバー」へ移動。
右矢印キーで中に入り、下矢印キーでチェックのついているツールバーを探す。
チェックがついている項目でエンターするとチェックがはずれ非表示になる。

また、同じようにエクスプローラーバーも表示されていると不都合です。これも下記のようにして、非表示にしてください。

【エクスプローラーバーを非表示にする】
Altキーを押して、メニューバーを表示。
右矢印キーで「表示」へ移動。
下矢印キーで「エクスプローラー バー」へ移動。
右矢印キーで中に入り、下矢印キーでチェックのついている項目を全て探す。
チェックがついている項目でエンターするとチェックがはずれ非表示になる。

セキュリティと使いやすさを強化したと言われる Internet Explorer 7です。しかし、PC-Talker XPで使ってみるとかなり難しいと感じるかもしれません。

インストールしたけれど、どうしても使いづらいと感じた場合は、プログラムの追加と削除で、Internet Explorer 7を削除してください。これで、Internet Explorer 6へ復旧されます。

Microsoftは Internet Explorer 6のサポートも継続しておこない、セキュリティの問題などに対応していくそうですから、ご安心ください。

« パソコンで思わぬトラブルにまきこまれないために | トップページ | 数字を記載する場合 »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/47045036

この記事へのトラックバック一覧です: PC-Talker XPで Internet Explorer 7を使う:

« パソコンで思わぬトラブルにまきこまれないために | トップページ | 数字を記載する場合 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ