« Windows Media Player 11のショートカットキー | トップページ | Windows Media Player 11でスクリーンリーダー搭載機に便利な設定 »

音楽CDをWindows Media Player 11で操作する

Windows Media Player 11のショートカットキーでは、Windows Media Player 11を実際に操作する場合に便利な、ショートカットキーを紹介しました。 

今回は、音楽CDをWindows Media Playerで操作する方法を紹介しましょう。インターネットにつながったパソコンであれば、Windowsの機能を使って、ほぼ自動的にCDの音楽データを取り込むことができます。

まず、音楽CDをWindows Media Playerで操作する場合は、インターネットにつながった環境でおこなってください。音楽CDの中には、CDの題名やアーチスト名と言った情報が入っていません。そういった情報は、Windows Media Playerがインターネット上のデータベースから自動的に取り込んで表示してくれるようになっています。

また、音楽CDと一概に言っていますが、すべての音楽CDがWindows Media Playerで操作できるわけではありません。レーベルゲートタイプの音楽CDは、Windows Media Playerではなく、独自のシステムでしか操作できません。また、「コピーコントロールCD」は、パソコンに音楽データを移せません。どうぞ、ご留意ください。

音楽CDを聞く

  1. 音楽CDをパソコンに挿入します。
  2. 自動再生のメニュー画面が開きます。
    ここで自動再生のメニュー画面が開かない場合は、今号の解説をご覧ください。上下矢印キーで「オーディオ CDの再生 Windows Media Player 使用」を選択して「エンターキーを押します。
  3. Windows Media Playerが起動し、再生が開始されます。
    再生中、一時停止する場合は、Ctrl+Pキーを押します。一時停止したものを再び再生したい場合も Ctrl+Pキーを押します。音量の調整は、F8キーで音量が下がり、F9キーで音量が上がります。曲が順番通りに再生されない場合は、ランダム再生になっているのでしょう。Ctrl+Hキーでランダム再生の切り替えができます。
  4. 再生中、停止したい場合は、Ctrl+Sキーを押します。
    この場合、Ctrl+Pを押すと頭からの再生となります。
  5. CDを取り出す場合は、Ctrl+Jキーを押します。

音楽CDをパソコンに取り込む

パソコンの場合、音楽CDのデータをパソコン内に保存しておけばCDがなくても好きな時に音楽を聞くことができます。

では、音楽CDのデータをパソコンに取り込む方法です。なお、Windows Media Playerが起動している場合は、Alt+F4で閉じてから作業を開始してください。

  1. 音楽CDをパソコンに挿入します。
  2. 自動再生のメニュー画面が開きます。
    上下矢印キーで「CDから音楽を取り込む Windows Media Player 使用」を選択してエンターキーを押します。
  3. 「取り込みオプション」画面が開きます。
    上下矢印キーで「取り込んだ音楽にコピー防止を追加する」と「取り込んだ音楽にコピー防止を追加しない」の選択ができます。
    パソコンに取り込んだ、CDの音楽データを今後どうするか考えましょう。「取り込んだ音楽にコピー防止を追加する」を選択すると、取り込んだ曲が他のパソコンで再生できなかったり、携帯音楽プレーヤーに転送できなかったりします。どう使うかの判断ができない場合は「取り込んだ音楽にコピー防止を追加しない」を選択しましょう。
  4. Tabキーで移動します。
    すると、著作権に関する注意が読み上げられることでしょう。再度、注意書きを聞きたい場合は、Ctrl+Alt+Rで聞けます。ここをよく聞いて、理解できたらスペースキーでチェックをつけます。
    著作権に関する注意項目にチェックをつけると、次へ進めるようになっています。エンターキーを叩いて進みましょう。
  5. Windows Media Playerが自動的に起動し、CDの音楽データをパソコンに取り込んでいきます。しかし、この時、何の音声ガイドもありません。よく聞くとCDが回転している音が聞こえることでしょう。画面上では、CDの取り込み作業が開始されています。このまま、何の操作もせずに待ちましょう。
  6. 音楽CDの回転音が聞こえなくなったら、全ての音楽データがパソコンに取り込まれたはずです。
    Tabキーで探すと曲の題名の後に「ライブラリに取り込み済み」と音声ガイドされるはずです。
  7. Ctrl+Jキーを押して、パソコンから音楽CDを取り出しましょう。

●今回の解説

音楽CDを挿入しても自動再生のメニュー画面が開かない場合は、以下のようにして設定を確認し、変更してみてください。

  1. [スタート]メニューから「マイコンピュータ」を開く
  2. DVD/CDドライブを選択し、アプリケーションキーか Shift+F10キーを押します。メニューが表示されるので上矢印キーで「プロパティ」を選択してbエンターキーを押します。
  3. 「ドライブのプロパティ」画面が開くので「自動再生」タブを開きます。
  4. 「内容の種類を選んでから・・・」と音声ガイドされるのを最後まで聞き「音楽CD」になっているか確認します。「音楽CD」になっていない場合は、上下矢印キーで「音楽CD」を選びます。
  5. Tabキーで「動作」のラジオボタンへに移動。
    「動作を毎回選択する」になっているか確認します。「実行する動作を選択」と音声ガイドされたら、Alt+Cキーを押してb「動作を毎回選択する」に変更します。
  6. 「OK」ボタンを押せば、完了です。

さて、今回のコツです。
Windows Media Playerで再生中、操作をする場合は、できるだけショートカットキーを使うようにすると良いと思いました。

Altキーを使ってのメニューバーでの操作では、余計な音声ガイドが入ってせっかく流れている音楽が台無しになることでしょう。Ctrlとなんとかキーのショートカットキーでは、わずらわしい音声ガイドなしで操作可能ですよ。

« Windows Media Player 11のショートカットキー | トップページ | Windows Media Player 11でスクリーンリーダー搭載機に便利な設定 »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/47009317

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽CDをWindows Media Player 11で操作する:

« Windows Media Player 11のショートカットキー | トップページ | Windows Media Player 11でスクリーンリーダー搭載機に便利な設定 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ