« デスクトップにある PC-Talker や KTOS のアイコンを特定のアカウントにだけ表示する | トップページ | Internet Explorer を通常使用するブラウザとして設定する »

Windows XP版 [スタート]メニューを使ってみよう!

[スタート]メニューによく使うソフトを追加するで、Windows XPのクラシックタイプの[スタート]メニューにパソコンユーザーがよく使うショートカットアイコンを設置する方法を紹介しました。

あれは、私自身がWindows 95時代からパソコンを使い続けているため、何となく、Windows XP版の[スタート]メニューになじめなかったからです。

しかし、いつまでもクラシックタイプのスタート メニューというのも、どうかな?と思いまして、しばらくWindows XP版で使いやすい方法を模索しておりました。

少しまとまってきましたので、Windows XP版の[スタート]メニューでの設定変更方法とショートカットアイコンの設置方法を紹介いたします。

ただ、この方法は、Windowsパソコンを初めて使うスクリーンリーダーユーザーさん向きかもしれません。従来のクラシックタイプの[スタート]メニューに慣れてしまっている場合は、混乱するかもしれませんので、ご注意ください。

さて、Windows XPの[スタート]メニューは、初期設定のままだとパソコンユーザーがよく使うプログラムのショートカットアイコンを自動的に表示してくれるようになっています。これは、非常に便利なようなシステムなのですが、いろいろ起動させていると、今まであったショートカットアイコンがなくなってしまうことがあるので、混乱の元となりやすいです。

まずは、この設定を変更してしまいましょう。

Windows XP版 [スタート]メニューの設定変更方法

  1. スタートメニューの「設定」か、コントロールパネルから「タスクバーと[スタート]メニュー」を開きます。
  2. 「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」が表示されたら、シフト+タブキーで移動し、左右の矢印キーで「[スタート] メニュー」タブを開きます。
  3. タブキーで移動し「[スタート] メニュー」の「カスタマイズ」ボタンを エンターします。なお、ここが「クラシック[スタート]メニュー」になっている場合は、上矢印キーで「[スタート] メニュー」に変更してから「カスタマイズ」ボタンをエンターしてください。
  4. 「[スタート]メニューのカスタマイズ」が開きますので、「全般」タブを開きます。
  5. 「全般」タブのプログラムより「[スタート]メニューに表示するプログラム数」を0に設定します。
  6. 「詳細設定」タブに移動し、タブキーで[スタート]メニュー項目内に移動します。下矢印キーで移動し「[スタート]メニューに項目をドラッグ/ドロップできるようにする」にチェックが付いているかどうか確認します。チェックが付いていない場合は、スペースキーでチェックを付けます。
  7. タブキーで「OK」ボタンまで移動し、エンターします。また、「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」も「OK」ボタンで閉じます。

以上で[スタート]メニューに関する初期設定は完了です。これで、スタートメニューは、Windows XP版になったことでしょう。

では、一度[スタート]メニューを開いて確認してみましょう。スクリーンリーダーユーザーさんは、[スタート]メニュー内を下矢印キーで確認して行ってみてください。

「インターネット」に「電子メール」そして、「すべてのプログラム」と並んでいたことでしょう。ここの「インターネット」と「電子メール」には、「標準」に設定されているブラウザやメールソフトが自動的に組み込まれています。

そして、もっと下矢印キーで移動すると、その続きは、「マイドキュメント」、「マイピクチャー」となっていると思います。

Windows XPの[スタート]メニューは、縦に2列の構成になっています。上下矢印キーで順番に移動することもできますが、下矢印キーを押してから、すぐに右矢印キーを押すと2列目にあるマイドキュメントへ移動できます。

なお、終了オプションの位置は、従来通りです。スタートメニューを開いたら、すぐに上矢印キーを押すと見つかるでしょう。

では、引き続き[スタート]メニュー内によく使うショートカットアイコンを設置する方法を説明しましょう。なお、これから設置するよく使うショートカットアイコンは、「電子メール」と「すべてのプログラム」の間に配置されます。

Windows XP版 [スタート]メニューによく使うショートカットアイコンを設置する方法

  1. いつも使うソフトのショートカットキーを見つけます。[スタート]メニューの「すべてのプログラム」の中にあることでしょう。
  2. 見つけたらアプリケーションキーかシフト+F10を押してメニューを開き、「[スタート]メニューにアイコンを追加」でエンターします。これで、スタートメニューにアイコンが追加されました。
    引き続き行う場合は、このまま、プログラムを見つけては、「[スタート]メニューにアイコンを追加」の作業をしていってください。
  3. 作業が終わったら、開いていった[スタート]メニューをエスケープキーで 閉じていきます。

以上です。

後は、[スタート]メニューを開いて下矢印キーでアイコンが追加されているか確認してください。

Windows XP版の[スタート]メニューの使い方

Windows XP版の[スタート]メニューは、縦2列になっています。下矢印キーで入っていくと、左側の列の上から下へ移動していきます。一番下まで行ったら、右側へ移って、また上から下へ移動していきます。

上矢印キーで入って行った場合は、右側の列の下から上へ移動していきます。これも一番上に行ったら、左側へ移ってまた下から上へ移動していきます。

矢印キーで順番にたどって見つけても良いですし、起動アイコンの名前がアルファベットでつけてある場合は、その頭文字を打っても行くことができます。

なお、左側の列には、プログラムのショートカットアイコンがならんでいます。

右側の列は、My Documents やマイコンピュータ、コントロールパネルといった設定に関するものが並んでいます。右側のコマンドへ行くときのアクセラレータキー(コマンドの後ろについている括弧付けのアルファベット文字)も使用可能です。

多分、スクリーンリーダーユーザーさんは、左側をよく使うことと思います。右側は、必要に応じて使ってください。

ただ、Windows XP版のスタートメニュー内には、「ゴミ箱」のショートカットキーが入りません。どうしても、[スタート]メニュー内にゴミ箱を置きたい場合は、クラシックタイプをご使用ください。

« デスクトップにある PC-Talker や KTOS のアイコンを特定のアカウントにだけ表示する | トップページ | Internet Explorer を通常使用するブラウザとして設定する »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/46875282

この記事へのトラックバック一覧です: Windows XP版 [スタート]メニューを使ってみよう!:

« デスクトップにある PC-Talker や KTOS のアイコンを特定のアカウントにだけ表示する | トップページ | Internet Explorer を通常使用するブラウザとして設定する »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ