« パソコンの設定を変更する場合 | トップページ | インターネットエクスプローラー6の表示設定 »

位置説明の仕方

視覚障碍者にパソコンのキーや端子の位置を説明する場合、どのようにしていらっしゃいますか?

今回は、キーボードのキー配列を説明する場合について考えてみましょう。

時々やってしまうのが、ユーザーの指を持って、 Enterキーはここ、Spaceキーはここ・・・と1点ずつ教えてしまうこと。

この説明は、見えるから理解してもらえるのです。

試しに誰かに人差し指を持ってもらい、目をつぶって、どこかのキーのへ誘導してもらってください。

そして、次にその位置へ一人で行けるかどうか、確認してみてください。

スッと移動できますか?
わからないでしょう!

位置の説明は、地図を見ながら目的の場所を探すのに似ています。

目的の場所だけをピンポイントで教えても それがどのあたりなのかわかりませんよね。

全体の中のどのあたりなのか?という情報が必要なのです。

まずは、ホームポジションの確認。
そして、どの指で押さえたら正しく押せるキーなのか。
どのくらい指を伸ばせばいいのか。
手首を回す必要があるかどうか。

1つのキーの位置を説明するのに、これぐらいの情報を実際に確認していただく必要があります。

説明するのに、指1本をスッと持っていかないようにしてくださいね。

« パソコンの設定を変更する場合 | トップページ | インターネットエクスプローラー6の表示設定 »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/46826760

この記事へのトラックバック一覧です: 位置説明の仕方:

« パソコンの設定を変更する場合 | トップページ | インターネットエクスプローラー6の表示設定 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ