« 新聞社のサイトを読んでみよう! | トップページ | PC-Talkerの「なめらか読み辞書」 »

ちょっと操作が難しいホームページ

ホームページの閲覧をスクリーンリーダーユーザーさんに練習していただくためのホームページを作っていらっしゃる団体のリーダーさんと知り合う機会がありました。

調布パソコン講習会

この度、「調布パソコン講習会」さんの許可をいただきまして、私のサイトでも練習ページを作ってみました。

ちょっと操作が難しいホームページ

今回はこのページを利用して「フレーム構成のホームページ」を実際に検証してみましょう。

フレーム構成のページについて

フレーム構成のページとは、複数のHTMLファイルを同じウィンドウに表示させているものです。私のところでは、極簡単に2つのフレームで作られているページにしてあります。一般的なページでよくあるように、左側にメニューを持ってきて、右側に本文が来るような設定です。

通常、WEBページが開いたら、全体を読ませるためにシフトキーを押して全文読みをさせます。次にタブキーを押してリンク項目を探します。目的の項目が見つかったら、エンターキーを押すと次のページが開きます。

さて、フレーム構成のWEBページの場合は、ページ全体が変わるのではなく、フレームの一部分が変わります。これは、目で確認する分には、「ここが変わった」とすぐわかります。ところが、インターネットエクスプローラーで音だけを聞いていると、クリック音のような「カチッ」という音がするだけです。

スクリーンリーダー搭載機では、ページ全体が変わると、<title></title>内に設定されているテキストを読み上げてくれます。しかし、フレームの一部分のみの場合、そういったタイトルの音声ガイドはなく「カチッ」と音がするだけなのです。何かページが開いたような気がするので、全文読みをさせてみる。しかし、左側にメニューがある場合は、そのメニューから読み上げるので、何も変わっていないように感じます。そして、メニュー部分の最初だけ聞いて諦めてしまう傾向があるようです。メニューを乗り越えたその先が変わっているのですがね。

フレーム間の移動

フレーム間の移動は、Ctrl+Tab(コントロール+タブ)キーでできます。

ただし、アドレスバーやエクスプローラーバーが開いていると、そこにも入ってしまいますので、コントロール+タブキーを叩く回数は、まちまちになります。ご注意ください。

スクリーンリーダーを持っていない晴眼者サポータの人でもインターネットエクスプローラーならば確認できますよ。枠の線に点線のようなものが付くはずです。この点線が付いた部分が選択されているということになります。コントロール+タブキーを叩くたびに枠線が移動します。

フレームを選択しているのに、なぜそのフレーム内を読み上げないのか?

さて、私の練習ページでどうやって操作して読み上げさせて行ったらよいか説明しています。(BのページとCのページ)

フレーム構成のページは、ちょっと難しく、確かに読みたいフレームを選択しているのに、そのフレームから読みあげを開始してくれないという事態が生じます。

これは、なぜでしょう?

これは、どうもWindowsの仕様のような気がします。試しに、エクスプローラーをキーボード操作だけで開き、どこかのフォルダ内のファイルやフォルダを選択して開いてみてください。

薄い点線の枠で囲まれた状態では、エンターしても開くことができないことでしょう。

この薄い点線の状態では、ちょうど指をさしているような感じです。「見つけた!」と言って指をさしているのですが、つかんでいないのです。ファイルやフォルダを開きたい場合は、つかんであげないと開かないのです。

では、どうしたら、つかめるか。

矢印キーを1回打ちます。すると、薄い点線枠だけの状態から青い選択されている状態、アクティブな状態になります。こうなってエンターすると開くのでした。

インターネットエクスプローラーのフレームも同じことのようです。薄い点線枠の選択だけでは、ダメなのです。コントロール+矢印キーで中に入ってあげないといけないのでした。ただ、エクスプローラーのフォルダやファイルでは、アクティブになると青く反転して見えるのですが、インターネットエクスプローラーでは何も見た目には何も変化しません。よって、サポートしていても、なかなか気がつけないのでした。

フレーム構成だと嫌なこと

目的のページのURLを誰かに紹介したい時に困る場合があります。

フレームになっていると気がつければいいのですが、気がつかない場合は、アドレスに表記されているURLをそのままお知らせしてしまいがちです。

同じURLなのに、自分が見ているページと相手が見ているページが違う。どうして?フレーム内に表示されているので、同じURLのように見えますが、全然違うページなのですよね。

フレーム構成だと便利なこと

フレーム内にページを開くと、本文へ到達するまでに随分面倒な作業をしないといけません。しかし、一旦フレームだと気がつければ、すごく楽になります。

シフト+エンターキーで目的のページを別ウインドウで開いてしまえばいいのです。多くは、コンテンツのみであることでしょう。こうすることによって、即本文を読むことができます。

« 新聞社のサイトを読んでみよう! | トップページ | PC-Talkerの「なめらか読み辞書」 »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/46836062

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと操作が難しいホームページ:

« 新聞社のサイトを読んでみよう! | トップページ | PC-Talkerの「なめらか読み辞書」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ