« 右クリックの代わりのキーはどれ? | トップページ | 視覚障碍者と画像認証について »

英語の読み方

視覚障碍者さんで、パソコン操作をそれはそれは、流暢におこなっている人に実際にお会いしてサポートやお話をすると、あれ?と思うことがあるのです。

それは、視覚障碍者さんがおっしゃる独特の言葉。

例えば、Altキー。

これは、通常「オルト キー」と読むことでしょう。

ところが、AltキーをPC-Talker XP の読み秀に読ませると「アルト キー」と読むのです。

えっ?本当は、アルト キーなのかな?

PC-Talkerには、付録ソフトとしてキーを押すと1つずつそのキーの名前を教えてくれる「キーボードガイド」と言うソフトがあります。
そのソフトで「Altキー」を確かめると「オルトキー」だと教えてくれます。
ですから、「Altキー」は、やはり「オルトキー」なのです。

ちょっと、試しにPC-Talkerの読み秀に

This is a pen.

を読ませてみると、「ディス イズ エー ペン」と読み上げてくれました。

実は、PC-Talker XPの日本語エンジンは、私と一緒で英語が苦手なのです。
この矛盾点を晴眼者サポータの皆さんは、事前に知っておく必要があります。

晴眼者はマニュアル本などで文字を見て、その読み方を覚えることでしょう。
しかし、視覚障碍者さんは、文字を見る機会がないのですから、PC-Talkerの読みあげる読みかただけを聞いて覚えるわけです。

なお、最新のPC-Talker XP  Ver.3や PC-Talker Vista 以降を使うときれいな英語エンジンで音声ガイドできるようになりました。

ただし、正しい読みかたを後から登録することはできます。
でも、それも正しい読みかたがわかればの話です。

この他にも、英語ではなくカタカナで書いてあっても、下記のような言葉は、よく間違えられます。

folder(フォルダ)     を ホルダ
Active(アクティブ)    を アクテブ
manual(マニュアル)    を マニアル
edit(エディット)      を エリット もしくは、エジット
list view(リストビュー)  を リストリュー

聞いている分には、正しく発音しているようにも聞こえます。
しかし、ユーザーによっては、正しく聞こえない言葉もあるようです。

メールで何をどうされたいのか書いていただいた時に、あれ?と思うので気がつきます。

しかし、ご年配は、Tシャツをテーシャツと発音されますから、そういう言い方もありでしょう。

まぁ、ここにも property (プロパティ)をプロバティと記載する人がいますからね。

ところで、当初、例えに、Windows MEを使おうと思っていたのです。

Windows ME

これを皆さんは、何と読みますか?

私は、ウィンドウズ エムイーと読んでいました。
ところが、WEB上を調べてみたところ、ウィンドウズ ミーが正しい読みらしいことがわかりました。

参考サイト:IT用語辞典 e-Words より「Windows Meとは」
http://e-words.jp/w/Windows20Me.html

ここで、あぁだこうだと言っていても始まりません。
と言うことで、本家のMicrosoftさんに伝がありますので、メールで伺ってみました。

お返事には、

もうすでに両方の呼び方が十分に広まっていて、どちらが正解というわけではないのですが、マイクロソフトでは当初 「ミー」 の方を推奨していたようです。
どうぞ呼びやすい方で、呼んでください。

ガーン!
ウィンドウズ ミーの方が推奨されていたとは!
ということで、勉強になりました。
ありがとうございます!

実は、PC-Talkerもウィンドウズ ミーと読みます。
違うよねぇ、と思っていたのですがね。

« 右クリックの代わりのキーはどれ? | トップページ | 視覚障碍者と画像認証について »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/46822494

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の読み方:

« 右クリックの代わりのキーはどれ? | トップページ | 視覚障碍者と画像認証について »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ