« インターネットエクスプローラ内の一部の文字列をコピーしたい | トップページ | Windows Vistaをキーボードだけで操作する場合 »

PC-Talkerでインターネットエクスプローラー7を使う

インターネットエクスプローラ内の一部の文字列をコピーしたいで、インターネットエクスプローラー8を紹介しましたが、その前に、Windows XPでインターネットエクスプローラー7の使い方を紹介しましょう。

インターネットエクスプローラー7が使えるWindows XPは、サービスパック2です。サービスパック1やサービスパックのないWindows XPでは、インストールできません。

PC-Talker XPでの対応可能なバージョンは、2.00以上です。なお、PC-Talker XP Ver.2.00以上は、MMメール携帯に対応していません。一旦バージョンアップすると、アンインストールして前のバージョンに戻したつもりでも、MM メール携帯の不具合は解消されませんのでご注意ください。

では、いよいよインターネットエクスプローラー7でのホームページ閲覧方法です。シフトキーで全文読み、これは、変わりありません。

また、ページを開けてすぐに「何とかかんとかの文字入力」と音声ガイドされた場合は、ページ内の文字入力欄にカーソルが入っています。その場合は、すぐTabキーでページ内のリンク項目を移動することが可能です。

ところが、ページを開けてすぐに「何とかかんとかの文字入力」と音声ガイドされないページでは、Tabキーで移動すると、インターネットエクスプローラーのツールバーを通り抜けないとページ内に、はいれません。PC-Talkerは、このツールバーの項目をいちいちページのタイトル名をつけて読み上げます。最後まで聞かないと何のツールなのかわかりません。

そこで、ページ内にすぐ入りたい場合は、まず、Ctrl+下矢印キーを1回押します。するとページ内にすぐはいれます。後は、Tabキーでのリンク項目移動が可能となります。また、Ctrl+下矢印キーで一段落ずつ読み上げさせながら移動していっても良いでしょう。

なお、Ctrl+上下矢印キーは、カーソル位置から上下の項目へ移動して読み上げるというコマンドです。PC-Talkerの設定「拡張設定」でインターネットエクスプローラーの設定が「インターネットエクスプローラでダイレクトキーを使用する」にチェックが付いているパソコンの場合は、Ctrlキーなしの上下矢印キーのみで、この操作が可能になります。

ただ、一般的には、上下矢印キーのみでページ内を上下にスクロールさせて閲覧するという方法を取ります。晴眼者と一緒に同じパソコンを使っている場合は、ダイレクトキーを使用する設定にしない方が無難でしょう。

インターネットエクスプローラー7には、ツールバーがキーボード操作でも使えるようになりました。

ところで、スクリーンリーダーユーザーさんは、何とも思わないのですが、晴眼者には、びっくりするような表示になっています。メニューバーがどこにも見あたらないのです。見えないだけで、隠れているのですけどね。

インターネットエクスプローラー7でAltキーを押してみてください。ちゃんとメニューバーが表示されますよ。

« インターネットエクスプローラ内の一部の文字列をコピーしたい | トップページ | Windows Vistaをキーボードだけで操作する場合 »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/46892479

この記事へのトラックバック一覧です: PC-Talkerでインターネットエクスプローラー7を使う:

« インターネットエクスプローラ内の一部の文字列をコピーしたい | トップページ | Windows Vistaをキーボードだけで操作する場合 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ