« PC-Talkerユーザー名について | トップページ | ショートカットキーがバッティング! »

MS-IMEの単語登録について

前回までPC-Talkerの「なめらか読み辞書」について紹介してきました。

さて、ユーザー辞書と言えば、晴眼者の皆さんも普通に使っているであろうMS-IMEのユーザー辞書がありますよね。

今回は、MS-IMEのユーザー辞書をPC-Talkerで使うことについて紹介します。

PC-Talkerのなめらか読み辞書に登録する必要のある単語は、同時にMS-IMEの単語登録をする必要のある言葉であったりします。

ところで、このMS-IMEの単語登録は、要サポート項目となります。どうしてサポートしないといけないのか!?

これを今回は、紹介いたします。

IMEとは

IMEとは、Input Method Editor の略です。Windowsシステム上で日本語や中国語など文字の多い言語で入力を行なう場合に必要な変換ソフトの総称です。このIMEが起動しているから、私たちは、パソコンで日本語を入力できるわけです。

IMEには、Microsoft社のMS-IMEの他に、ジャストシステムのATOKやバックスのVJEなどが有名です。

参考サイト:IT用語辞典 e-Words「IMEとは」

MS-IMEの単語登録について

さて、何か日本語入力する際、何度変換しても、なかなか表示されない漢字ってありますよね?もしくは、簡単に長い言葉を表示したい、そういった場合に「MS-IMEのユーザー辞書」に登録しておいて使うと便利なのです。

例えば、あなたのパソコンでは、ご自身の名前、お子さんの名前、住所等を簡単に漢字変換できますか?こういった言葉を簡単に変換できるよう「MS-IMEのユーザー辞書」に登録するのです。また、某会社名、長くて長くて、毎回打つのがつらい!と言った言葉も、簡単な言葉で変換できるよう登録してしまうのです。

MS-IMEのユーザー辞書への登録は、IMEのツールバー内の「ツール」をマウスでクリックし、表示されたメニューから「単語/用例の登録」を選んでクリックします。「単語/用例の登録」ウインドウが表示されますので、これで登録していきます。

さて、このやり方は、晴眼者向けです。

では、これをPC-Talkerユーザー向けに音声ガイドとキーボードだけで操作するには、どうしたら良いのかご説明いたします。

PC-TalkerでのMS-IME単語登録の仕方

  1. 日本語入力できるソフトを何か立ち上げます。
    PC-Talkerユーザーさんは、マイエディットが良いでしょう。マウス操作では、いつでもIMEのメニューが開きますが、キーボードで操作する場合は、日本語入力できる状態になっていないと開きません。
  2. MS-IMEに単語登録したい単語をマイエディットで打ち込んで、その文字列をコピーしておきましょう。
  3. 日本語入力が入っている状態で、Ctrl+F10キーを押します。
  4. ここで、MS-IMEのメニューが開くのですが、PC-Talkerは、このメニューが開いたことを音声ガイドしてくれません。
    これが、問題なのです。
    通常は、何かメニューが開くと「メニュー オープン」とPC-Talkerが音声ガイドしてくれます。ところが、MS-IMEのメニューだけは、音声ガイドしてくれないのです。
    場合によっては、少しメニューが開くのに時間がかかることもあります。こうなると、PC-Talkerユーザーの皆さんは、混乱されることがあります。
    しかし、一旦、MS-IMEのメニューが開けば、上下の矢印キーでメニュー内の項目を読み上げます。音声ガイドしないけれどもメニューが開く、ということを晴眼者サポータと共に練習してみましょう。
  5. MS-IMEのメニューが開いたら、下矢印キーで「単語/用例登録」まで移動しエンターします。「単語/用例の登録」ウインドウが開きます。
  6. 「読み:の リッチエディット 文字入力 R」と音声ガイドされますので、登録したい言葉の読みをひらがなで入力します。
  7. Tab キーで移動しながら確認をします。
    語句欄には、先ほどコピーした単語登録したい文字が既に入力済みになっているはずです。入力されていない場合は、登録したい単語を入力します。
    品詞のコンボボックスは、名詞になっていることでしょう。品詞を変更したい場合は、下矢印キーで変更します。漢字を登録する場合は、そのまま「名詞」でも構いません。メールアドレスなど半角英数字の文字列を登録したい場合は、「顔文字」にします。
    ユーザーコメントは、入力してもしなくても構いません。
  8. 「登録」まで、Tabキーで移動したら、エンターすれば登録完了です。
  9. 「単語/用例の登録」ウインドウをエスケープキーで閉じれば、終了です。

これで、「読み」で登録した文字を入力して変換してあげれば、今まで苦労していた難しい変換が簡単にできるようになります。

PC-Talkerユーザーが混乱しやすいこと

さて、サポートしていていつも思うのは、このIMEの単語登録とPC-Talkerのなめらか読み辞書登録が混乱してきてしまうことです。

MS-IMEの辞書に登録したい言葉は、ほとんどの場合、PC-Talkerもメチャクチャな読み方をします。よって、PC-Talkerの辞書登録もします。いつもセットですることが多いからでしょう。どっちがどっちのことなのか、わからなくなってくるようなのです。

晴眼者は、登録画面が全く違うので、違う作業と分かるのですけどね。作業方法が全く違う登録です。混乱してきて、どっちの登録をするのかわからなくなると、間違った作業をしてしまいがちです。

ITサポータは、要サポート項目であることを覚えておいてください。

実は、このMS-IMEの単語登録も高知システム開発のマイワードV Proがあると簡単に登録することができます。

マイワードのツールバー「環境」ないに「日本語入力辞書の編集」がありますので、ここで作業できます。また、PC-Talkerのなめらか読み辞書の登録も同じく「環境」ないの「読み辞書の編集」でおこなえます。

しかし、マイワードを持っているというかたも少ないのが現状ですので、要サポート項目として、サポートをおこなってください。ただ、ちょっと前までMS-IMEの単語登録の品詞をPC-Talkerは、読み上げませんでした。これが、今回確認したところ、読み上げるようになっていました。そのうちに、もっとスムーズになるかもしれませんね。

« PC-Talkerユーザー名について | トップページ | ショートカットキーがバッティング! »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/46837888

この記事へのトラックバック一覧です: MS-IMEの単語登録について:

« PC-Talkerユーザー名について | トップページ | ショートカットキーがバッティング! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ