« Internet Explorer を通常使用するブラウザとして設定する | トップページ | 福祉情報技術コーディネーターについて »

ロービジョンの人へのITサポートについて

最近では、いろいろな所で視覚障がい者へのIT支援がおこなわれるようになっていますね。とっても、うれしいことです。

さて、今回は、そんなIT支援をされている晴眼者サポータさんからいただいた質問を紹介いたします。

弱視の人にパソコンサポートをしていらっしゃるのだそうですが、何だかうまくいかないのだそうです。

「視覚障がい」と一概に言ってしまいますが、一般的にどういうイメージがあるでしょうか?全く視力のない全盲の人を思い浮かべるかもしれませんが、ある程度、視力のある人も含まれるのです。

日常生活において視覚を活用できない視覚障がいのことを全盲と言います。そして、日常生活において視覚を活用できる視覚障がいのことを弱視(ロービジョン)と言います。

さて、今回の晴眼者サポータさんは、ロービジョンの人にパソコンの画面を見ずに、スクリーンリーダーの音声ガイドを聞いて操作するようサポートしてみたのだそうです。

確かに、全盲の人は、そういうふうに操作しているわけですからね。

しかし、何だかうまく行かないのだそうです。

いろいろ詳しい話を聞かせていただいたのですが、どうも、原因は、ロービジョンの人に全盲の人と同じ方法でサポートしているからだと感じました。

少しでも視力のを活用できる人に対して、「全く見るな」と言うのは、無理な話しでしょう。ある程度は、画面を見て操作してもらった方がスムーズだと思います。

ただ、パソコンの画面が晴眼者が使っているような標準の設定では、見づらいことでしょう。画面の設定を「弱視向けの設定」にする必要があります。

PC-Talker XPでは、「PC-Talkerの設定」の中に「ユーザー補助」があり、そこで「弱視者向け設定」ができますし、Windows XPでは、アクセサリの「ユーザー補助」の中に「ユーザー補助の設定ウィザード」がありますので、これで設定できます。

ただ、どういう具合に設定をすればいいのかは、各パソコンユーザーさんによって違います。

字が大きければ見えるのではないか?と思い、大きくしてみる。「それが、返って見えないのです」と言われてしまった。

理解できますでしょうか?

ロービジョンの人の中には、視野狭窄と言って視野の中心部しか見えない人もいらっしゃいます。そんな人には、文字が大きすぎると視野からはみ出してしまって、何と書いてあるのかわからなくなるのです。

視野狭窄とは逆に、視野の中心部分が見えにくい人もいらっしゃいますし、ぼやける、まぶしい、薄くて見にくいと様々な見え方があります。また、これらがいくつか組み合わさった見え方の人もいらっしゃいます。

文字の大きさは、どのくらいなら見やすいか。明るさは、背景が白よりも黒のほうが見やすいのではないか。文字の色はどんな色が良いか?

本当は、視能訓練師のようなかたと一緒にサポートできるといいのでしょうね。

見え方が皆さん同じではありません。パソコンの画面の設定をその人に応じたものにして、サポートしてみてください。

« Internet Explorer を通常使用するブラウザとして設定する | トップページ | 福祉情報技術コーディネーターについて »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/46881964

この記事へのトラックバック一覧です: ロービジョンの人へのITサポートについて:

« Internet Explorer を通常使用するブラウザとして設定する | トップページ | 福祉情報技術コーディネーターについて »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ