« 点字ファイルをパソコンで読む方法 | トップページ | Windows XP の[スタート]メニューによく使うソフトを追加する »

Internet Explorerの情報バーについて

今回は、Internet Explorerに関する、こんな質問をいただきました。

Internet Explorerでホームページを見て回っていると時々、「ピポッ」という音がすることがあります。その後、何だか、うまく操作できなくなるのです。どうなっているのでしょう? 

という質問です

実際にそういう音のするサイトを開いてみました。すると、そのページでは「情報バー」が表示されていました。

画面を見ると「セキュリティ保護のため、このサイトによる、このコンピュータへのファイルのダウンロードが Internet Explorer によりブロックされました。オプションを表示するには、ここをクリックしてください」と書いてありました。

「情報バー」と言われるものが表示されているのです。この情報バーは、Windows XP サービスパック2から導入された「セキュリティ保護」のために表示されているものです。

なお、パソコンによっては「情報バーにお気づきですか?」というウインドウが開いている場合もあります。これは、「OK」をエンターして閉じてください。

さて、情報バーは、開いたページから自分のコンピュータへ、下記のようなことが実行されようとしたときに表示されます。

  • ActiveX コントロールをユーザーのコンピュータにインストールする。
  • ポップアップ ウィンドウを開く。
  • ファイルをユーザーのコンピュータにダウンロードする。
  • アクティブ コンテンツをユーザーのコンピュータ上で実行する。
  • ActiveX コントロールを、安全ではない方法でユーザーのコンピュータ上で実行する。

つまり、開いたページから自分のパソコンへ何か自動的に作業するよう促されたのですが、Internet Explorer が万が一のことを考えてブロックしたのでした。

先に紹介したメッセージは、「ファイルをユーザーのコンピュータにダウンロードする」場合のものです。
メッセージは、この他にも

セキュリティ保護のため、このサイトによるコンピュータへの Active X
コントロールのインストールが Internet Explorer により停止されました。

や、

セキュリティの設定により、Web サイトではコンピュータにインストールされている ActiveX コントロールの実行は許可されません。そのため、ページは正確に表示されない可能性があります。 

とか

このサイトによる、安全でない方法での ActiveX コントロールの使用は InternetExplorer でブロックされています。このため、このページが正しく表示されない可能性があります。 

などがあります。

さて、安全なものであれば、許可する。危険なものであれば、回避する。これは、パソコンユーザーが自分で考えて決めなければなりません。回避する場合は、閉じるか、そのページから離れればいいでしょう。

でも、そのページでどうしても、作業しなければならない場合は、ユーザーが自分で許可するための作業をしなければなりません。

そのやり方が、メッセージを音声ガイドで聞いているだけでは、上手くできないことがわかりました。

今回の場合はタブキーで探ってみると、「メッセージ エンターは セキュリティ保護のため、このサイトによる、このコンピュータへのファイルのダウンロードがInternet Explorer によりブロックされました。オプションを表示するには、ここをクリックしてください...」と音声ガイドされます。

何だか、エンターすればできるような感じですが、うまくいきません。そうかと言って、スクリーンリーダーユーザーさんにマウスでクリックしていただくのは、もっと難しいですしね。

実は、キーボードで操作するには、ちょっとしたコツがいるのです。そのコツをご紹介します。

情報バーが表示されたときの操作方法

  1. タブキーで探すか、Alt+Nキーを押すと情報バーが選択できます。
  2. 情報バーが選択できると、「メッセージ エンターは セキュリティ保護のため、このサイトによる、このコンピュータへのファイルのダウンロードが Internet Explorer によりブロックされました。オプションを表示するには、ここをクリックしてください... 」と音声ガイドされます。しかし、エンターはできませんので、アプリケーションキーかスペースキーを押します。
    これが、コツです。
  3. メニューが開くので下矢印キーで作業したい項目を選択してエンターすると作業が始まります。

作業させたい項目として、Active X 関係では、「インストール」、ファイルの場合は「ファイルのダウンロード」を選択します。

そして、ポップアップ ウィンドウの表示の場合は、「ポップアップを一時的に許可」や「このサイトのポップアップを常に許可」を選択するわけですが、許可すると、新しいウインドウが開いてポップアップが表示されます。元のページとは違うウインドウが開いていますので、元のページに戻る必要があります。Alt+Tabキーで元のページへ戻りましょう。もし「常に許可」にすると次に同じページを開いたときに、自動的にポップアップが開きますので、よく覚えておきましょう。

« 点字ファイルをパソコンで読む方法 | トップページ | Windows XP の[スタート]メニューによく使うソフトを追加する »

IT支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188714/46857681

この記事へのトラックバック一覧です: Internet Explorerの情報バーについて:

« 点字ファイルをパソコンで読む方法 | トップページ | Windows XP の[スタート]メニューによく使うソフトを追加する »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Translator


スポンサード リンク





ツール

無料ブログはココログ